TokyoDomeCity

ギャラリー アーモ

Open

Exhibition展覧会一覧

  • -
    Rhizomatiks Research x ELEVENPLAY Dance Installation at Gallery AaMo Rhizomatiks Research x ELEVENPLAY Dance Installation at Gallery AaMo

    Rhizomatiks Research x ELEVENPLAY Dance Installation at Gallery AaMo

    「Gallery AaMo」のオープニングを飾るのは、メディアアーティストの真鍋大度と石橋素が率いる「Rhizomatiks Research」と演出振付家のMIKIKOが率いる「ELEVENPLAY」によるコラボレーション・ワーク。
    世界的知名度を誇るメディアアーティストと、大胆かつ緻密な演出力でエンターテインメント表現を更新し続ける演出振付家の協業は、2010年のスタートから、その表現力の高さと独創性において他の追随を許さない最強のタッグとして世界を驚かせてきた。
    今回披露されるのは2年ぶりとなる新作公演。
    いまここに生まれる、世界初演の“ダンス・インスタレーション”をお見逃しなく。

    ●新作ダンス・インスタレーションタイトル『phosphere(フォスフィア)』

     phosはギリシャ語の光、sphereは球体や空間・領域で、この二つの言葉を合わせた造語「phosphere」は光の作り出す空間、場所、圏をイメージしています。本作品は、多数のプロジェクターの光を特殊なソフトウェアを用いて複雑な空間を構築し、ダンサーやオブジェクトがその中に入っていく、「ダンス・インスタレーション」という新しいジャンルの作品です。
     ダンサーと光が緻密に連動することによって、立体的な形とその流れの軌跡をご覧いただけます。
    「phosphere」の中を流れる、規則と不規則の連続体。ダンサーと光が作り出す作品をお楽しみください。

     多岐にわたるコラボレーションを行うRhizomatiks Research、MIKIKO、藤本隆行、evalaの約2年ぶりの新作公演は、誰もが初めての体験をする世界初演のダンス・インスタレーションとなります。


    ■演出・振付:MIKIKO
    ■ビジュアルデザイン・インタラクションデザイン・テクニカルディレクション:Rhizomatiks Research
    ■照   明:藤本隆行(Kinsei R&D)
    ■音   楽:evala
    ■C A S T :ELEVENPLAY 
           NON/KOHMEN/SAYA SHINOHARA/EMI TAMURA/YU TOKUTAKE
           MINAKO MARUYAMA/KAORI YASUKAWA/ERISA WAKISAKA

  • -
    ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」展 ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」展

    ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」展

    初演から"烏野、復活!"公演まで、数々のドラマを一緒に創り上げてきた舞台セットの展示をはじめ、これまでの公演の写真展示や映像、体感型アートなど、演劇「ハイキュー!!」の世界を存分に楽しめる内容となっています!
    さらに演劇「ハイキュー!!」展オリジナルグッズも販売します!
    そしてご来場の皆様に『ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」展』限定オリジナルプレイヤーズカードをプレゼントします!(内容は変更になる場合がございます。詳細は追って公開いたします。)

  • -
    TOKYO ART CITY by NAKED TOKYO ART CITY by NAKED

    TOKYO ART CITY by NAKED

    「都市とはアートである」のコンセプトのもと、変化を続ける“東京”を題材に、多様な人びとの営みが集積する“都市”をプロジェクションマッピングや巨大模型などで表現するプロジェクトです。
    2016年冬に東京・渋谷にて開催され、好評を博したイベントが2倍の規模でバージョンアップし、「Gallery AaMo」にて新たに展開します。
    東京を象徴する場所を巨大模型によってコラージュし、その中を通り体験することによって時間軸を超え変化し続ける“都市”を体感できる展示を行います。

  • -
    映画公開記念 鋼の錬金術師展 映画公開記念 鋼の錬金術師展

    映画公開記念 鋼の錬金術師展

    12月1日(金)から全国一斉公開される実写映画『鋼の錬金術師』の公開を記念して開催される本原画展は、貴重な荒川弘先生による漫画原画とテレビアニメシリーズの資料の数々によりその魅力を余すところなく紹介します。
    会場では、テレビシリーズの人気声優によるエルリック兄弟の話し声が聞こえ、展示作品は全て荒川弘先生ご本人の手によって描き出された生原稿です。アニメ映像や造形物によって作品の世界観に没入できる演出もあり、「見て、体感できる原画展」です。

ページの先頭へ