S.Ishizeki

与えられた仕事だけで満足しない。それ以上のパフォーマンスで勝負!

S.Ishizeki
2012年入社 アミューズメント部 アトラクション運営グループ

MessageMovieメッセージ

Profileプロフィール

東京ドームシティ アトラクションズのラクーアゾーンで、サービス品質の向上に挑みながら、CS(顧客満足)を高めていくコツの体得に臨む。自身の指導やアドバイスによって育っていくアルバイトの姿を目にして、少しずつ手ごたえを感じる日々。

Interviewインタビュー

就活の取り組みは?

サッカーの部活と就活、両方に打ち込んでいました。スケジュールは慌ただしくなりましたが、就活オンリーで動く人より気分的に楽だったと思います。なによりメリハリをつけられたのと、部の仲間と情報交換したり、心が折れそうになった時に励まし合ったりすることができましたからね。私自身はライブやコンサートが好きで、大勢の人間の心を動かす場を創り出すような仕事に就きたいという想いがありましたから、その線で企業を回りました。

image

(株)東京ドームが気になったのはいつ頃?

企業説明会やセミナーに通う中、私は説明に立つ社員さんの話しぶりや雰囲気に注意を向けるようにしていました。イベントやエンタメ系の領域で人の心を動かす仕事に就く人たちの様子が気になったからです。30社程回り、この会社の説明会には年明けに参加。すると、みなさんニコニコと仕事のことや会社のことを話されるんですよ。聞いている自分も、まったく緊張せずに自然と聞け、「こんな人たちが働いている環境ってどんな風なんだろう」と意識しはじめました。

現在の仕事は?

ラクーアゾーンにある5機種のアトラクションを担当。安全確認やお客様対応などのオペレーションはもちろん、アルバイトのシフトを作成したり、勤怠の管理や接客指導などに携わっています。自分自身も現場でお客様と接することが多く、つい、目の前の事象への対応に捉われがちですが、そこに終始するようではダメ。例えば「次にいらっしゃるお客様にどう仕掛けていくか?」といった、もう少し大きな視点で考え、気付いたことはアルバイトのみんなに伝えていくなど、現場の責任者として動くよう心掛けています。

仕事の面白味と難しさは?

お客様との距離が近く、笑顔に直接触れることが一番の醍醐味。そして、自分がアドバイスしたアルバイトがお客様に接している姿、その対応でお客様が笑顔になる様子を目にすると、グッときます。中でも一番嬉しいのは、私が伝えた内容以上のパフォーマンスで動き、自分なりに気付いたことを発信してくれるまで育ってくれること。現場を預かる身としては、最高の瞬間ですね。とはいえ、3年目の自分よりベテランも大勢いますので、まだまだ教わることも多いです。

image

今後の目標は?

遊園地に来てくださるお客様を楽しませることはもちろんですが、担当エリアにいる90人弱のアルバイトの労働環境ももっと良くしていきたいと思います。ただ、「与えられた仕事をこなすのは当たり前。なにか+αの結果を残せることこそ、自分に求められている仕事」という姿勢で臨んでいますので、常に与えられたテーマや指示の一歩先を読んで動いています。このことは、アルバイトの指導でも伝えるようにしてますね。

image

石関の入社動機ベスト3!

  1. 仕事の内容が多彩!
  2. 会社や人の雰囲気!
  3. 働く姿や将来像がイメージできた!

職場の魅力について

自分の職場だけでなく、全員が自分の仕事の中で「楽しむ」心を大切にしていることだと思っています。なんの話をしていても、随所に「楽しい!」という言葉が出てくるんですね。あと、みんな笑顔でいることが多い。心の底からそう感じているんでしょうね。もちろん、私もそう。この感覚や雰囲気が自然に滲み出てくるところが、当社の一番の魅力だと自負しています!