東京ドーム野球ファン情報

東京ドームの歴史

熱闘 プロ野球史で綴る後楽園球場&東京ドーム

第1期 黎明期 1937年~1945年

1937年(昭和12年)
9月:
後楽園球場竣工式。終了後にオールスターによる紅白試合が開催され、
巨人・水原茂第1号ホームラン。
早川社長による始球式が後楽園球場初の紅白戦直前に行われた
後楽園球場第1号ホームランを打った水原茂
1938年(昭和13年)
8月:
後楽園で初の全国都市対抗野球大会(第12回)が開催される
(以後、後楽園で継続して開かれることになる)。
1939年(昭和14年)
11月:
後楽園における対タイガース戦で、巨人・スタルヒン、シーズン最多42勝を記録。
1943年(昭和18年)
戦時下の物資の不足により、球場内の鉄製の椅子を1万8000脚供出。
戦時下の巨人軍、野球帽に変えて戦闘帽を使用。左からスタルヒン、呉波、白石敏男
1944年(昭和19年)
敗戦にともない後楽園は進駐軍に接収(翌年解除)。