東京ドーム野球ファン情報

東京ドームの歴史

熱闘 プロ野球史で綴る後楽園球場&東京ドーム

第3期 変革期 1965年~1987年

1965年(昭和40年)
東映フライヤーズ(のち日拓ホームフライヤーズを経て、日本ハム・ファイターズ)が後楽園をフランチャイズにする。
1966年(昭和41年)
後楽園球場、内野ダイヤモンドをティフトン芝に変更。
1969年(昭和44年)
10月:
巨人・金田正一、後楽園の中日戦で通算400勝達成。
通算400勝を達成し、胴上げされる
金田正一
1970年(昭和45年)
4月1日:
野球観覧席増設、全電光式スコアボード完成。
1973年(昭和48年)
日拓が日本ハム・ファイターズとなって初めての後楽園での試合が行われる。
1974年(昭和49年)
4月:
日拓が日本ハム・ファイターズとなって初めての後楽園での試合が行われる。
10月:
後楽園で長島茂雄引退セレモニー開催。
「私は今日で引退しますが、わが巨人軍は永遠に不滅です」という有名な言葉を残す。
長嶋茂雄引退セレモニー
1975年(昭和50年)
3月:
後楽園で川上哲治の引退試合が行われる。
川上哲治引退試合
1976年(昭和51年)
3月:
後楽園が日本初の人工芝を敷設。同時に一般向け貸しグラウンドを開始する。
10月:
王貞治が後楽園での対阪神戦でベーブルースの記録を越える本塁打715号を樹立する。
1977年(昭和52年)
9月:
王貞治、後楽園球場で本塁打756号を達成。世界新記録になる。
通算本塁打数世界新記録を更新し、挨拶をする王貞治
通算本塁打756号を放ち、万歳をする王貞治
1980年(昭和55年)
4月:
ミス・リリーフカー採用。
11月:
王貞治現役引退セレモニーを後楽園で開催。王は巨人軍助監督に就任。
王貞治引退セレモニー
1981年(昭和56年)
3月:
後楽園にオーロラビジョン完成。
10月:
初の後楽園日本シリーズ、巨人対日本ハム戦開催。
初の同一球場シリーズを前に握手を交わす藤田元司、大沢啓二両監督
1987年(昭和62年)
11月:
ドーム建設のため、「さよなら後楽園球場」イベントを開催。
後楽園球場のバックスクリーン
50年の歴史を持つ野球場の解体