東京ドーム野球ファン情報

東京ドームの歴史

熱闘 プロ野球史で綴る後楽園球場&東京ドーム

第3期 変革期 1965年~1987年

1988年(昭和63年)
東京ドーム完成。
3月17日:
オープニングセレモニーが開催される。
オープン戦初日は雪だった
3月18日:
こけら落としの試合として巨人対阪神戦が行われ、巨人軍・吉村禎章がホームランを放つ。
ドーム初ホームランを放ち、賞金を手にする吉村禎章
4月9日:
入場者数100万人突破。
1990年(平成2年)
6月:
対日本ハム戦で、近鉄のブライアント選手が東京ドームの天井に打球を当て、東京ドーム特別ルールに該当する初のホームランに認定された。推定距離160m。
東京ドーム特別ルール初のホームランを叩き出した、近鉄のブライアント選手
8月10日:
台風11号の影響で交通機関がストップし、東京ドームが開場してから初めて公式戦が中止となる(巨人対中日戦)。
1998年(平成10年)
4月:
東京ドーム来場者1億人を突破。
1999年(平成11年)
4月7日:
西武・松坂大輔投手が東京ドームでデビュー戦。日本ハム・片岡篤史からいきなり三振を奪う。
2000年(平成12年)
3月:
北米以外での初の米大リーグ開幕戦が東京ドームにて開催される。日本ハム、オバンドーの3発連続看板当てアーチ。
10月:
巨人対ダイエー、日本シリーズ戦でON対決再び。
対決を前に握手を交わす長嶋茂雄、王貞治両監督
2001年(平成13年)
9月28日:
長嶋監督が2001年のシーズン終了をもっての退任を発表した。新しい指揮官となったのは原新監督。30日の退任セレモニーではファンに惜しまれながら新しい時代へバトンタッチした。
「野球とは人生そのもの」と残した退任記者会見。新しい時代を担う原監督へバトンタッチした
2002年(平成14年)
3月:
天然芝に限りなく近い新人工芝「フィールドターフ」導入。
7月:
巨人・松井選手が東京ドーム屋根膜に消える大飛球を打つ(特別ルールによりニ塁打)。
10月:
日本シリーズ・巨人対西武。4勝0敗で原監督就任1年目にして日本一に輝く。
「ジャイアンツ愛」を掲げ巨人を率いた原監督
巨人軍は2年ぶり20度目の日本シリーズ制覇を成し遂げた
2003年(平成15年)
3月30・31日:
メジャーリーグ開幕戦(ニューヨークヤンキース対タンパベイ・デビルデイズ)。31日の5回には松井秀喜選手がホームランを放ち、MVPに。
6月7日:
福岡ダイエーの王貞治監督が監督通算1000勝を達成
王ゲートの前で監督通算1000勝達成の記念撮影する福岡ダイエーの王貞治監督
6月8日:
福岡ダイエー柴原洋選手のホームランがABC.ホームの看板にあたり、その当時の東京ドーム・スポンサー賞の最高賞金額である300万円を獲得
7月13日:
アテネ五輪壮行試合開催(日本代表対・キューバ代表戦)
8月17日:
工藤公康選手が史上23人目の200勝を東京ドームで達成(巨人対広島戦)
2005年(平成17年)
3月:
新内野席「エキサイトシート」、新オーロラビジョン導入
エキサイトシート
新オーロラビジョン
5月:
巨人戦で14年振りの東京ドームでのデーゲーム
7月3日:
病気療養中だった、長嶋茂雄巨人名誉監督が1年4ヶ月ぶりに公の場に登場(巨人対広島戦)
10月5日:
巨人の監督に、原辰徳氏が3年振りに復帰