東京ドームMVP

2002年度 東京ドームMVP賞が決定!

  • 東京ドームMVP賞 松井 秀喜選手(読売巨人軍) 小笠原 道大選手(日本ハム球団)

11月29日、東京ドームホテルにおきまして、2002年度の「東京ドームMVP賞」の受賞式が行われました。

この賞は、東京ドームBIG EGGを本拠地とする「読売巨人軍」「日本ハム球団」両球団から毎年一人ずつ、東京ドームで開催されたその年の公式戦で最も顕著な成績をあげた選手に贈られる賞です。

23回目を迎えた今年度は、読売巨人軍からは松井 秀喜選手、日本ハム球団からは小笠原 道大選手が受賞されました。両選手には(株)東京ドーム 代表取締役社長、林 有厚より、それぞれ賞金300万円が贈られました。

両選手の喜びのコメントは次の通りです。

2002年度東京ドームMVP賞

読売巨人軍 松井 秀喜 選手

今回で5年ぶり3回目の受賞となりますが、本拠地の東京ドームですばらしい成績を残すことができ、さらにチームも日本一となり、とてもうれしく光栄に思っております。今シーズンは、東京ドーム最後の試合での50号ホームランと、打球が天井に二度も当たるという史上初の快挙を成し遂げたことが特に印象に残っています。

この10年間、ファンのみなさまの声援に支えられ、東京ドームでプレーできたことを誇りに思っております。今まで培ってきた経験を今後に生かして頑張っていきたいと思っておりますので、これからも応援よろしくお願いします。

2002年度東京ドーム公式戦での成績
試合数 打率 本塁打 打点
62 .316 21 49
【松井選手のメモリアルプレート】

2002年度東京ドームMVP賞

日本ハム球団 小笠原 道大 選手

東京ドームMVP賞は、目標としている賞のひとつであり、4年連続受賞できたことをとてもうれしく思っております。東京ドームは非常にプレーしやすいスタジアムで、首位打者をとることができたのも、東京ドームでの成績がよかったからだと思います。賞金の300万円は、首位打者の記念に残るようなものの制作に使いたいと思います。

来年は、日本ハム球団が東京ドームを本拠地とする最後の年となりますが、チーム一丸となって、ぜひ優勝できるよう頑張りたいと思いますので、みなさまの声援よろしくお願いします。

2002年度東京ドーム公式戦での成績
試合数 打率 本塁打 打点
64 .325 16 35
【小笠原選手のメモリアルプレート】