後楽園ホールアーカイブス

後楽園ホールの格闘史(~2009年)

1980年~1989年

ボクシング プロレス
1980年 1月3日 技巧派の中島成雄が、WBC世界J.フライ級王者の金性俊(韓)に挑んだ。中島は前半から金を打ちまくり、10回にはKO寸前まで追い込んで文句ない判定勝ちを収めた。中島は駒大出身で、日本初の学士世界王者となった。
1981年 3月1日 全日本新人王決定戦ライト級決勝は、『浪速のロッキー』こと赤井英和と尾崎富士雄の対戦となった。赤井の猛烈なアタックに尾崎は圧倒され、3回ついにキャンバスに這いつくばった。しかし、赤井はその4年後(1985年)の2月5日、大和田正春との試合で追ったダメー ジがもとで脳内出血を起こし、無冠のままボクシングをあきらめることになる。
1981年1月18日
ジャイアント馬場、3000試合連続出場突破記念試合を行う。
1981年4月
劇画で人気のタイガーマスクが登場。プロレス第3期ブームになる。当時はジャンボ鶴田、天龍源一郎、藤波、タイガーマスク、前田日明、高田延彦、藤原喜明らが活躍した。
1981年
国際プロレス、倒産。馬場の全日本と猪木の新日本の興行戦争が始まる。
1982年10月8日
メキシコ遠征から帰国した長州力が藤波辰巳に対して、「オレはおまえの噛ませ犬じゃないぞ」と宣戦布告。以降、藤波対長州の戦いが始まる。
1983年1月
後楽園ホールを舞台に全日と新日が初の昼夜興行を行う。
1983年6月
長州力とアニマル浜口がフリー宣言。4ヶ月後には維新軍団を結成する。
1983年8月
ライオネス飛鳥&長与千種のクラッシュ・ギャルズが人気を呼ぶ。88年まで圧倒的人気が続く。
1984年12月
長州力が新日本を脱退し、ジャパンプロレスを旗揚げ。だが、87年には新日本に復帰する。
1982年 3月23日 東洋太平洋王者の村田英次郎と日本王者、磯上修一の東洋太平洋タイトルマッチは、バンタム級のライバル同士の激突として人気を呼んだ。才気が冴え渡る村田の鋭いボクシングに磯上は最初から圧倒され、3回、村田の右ストレートで試合は終わった。
4月13日 沖縄のナイスガイ、友利正が、アマド・ウルスア(メキシコ)に判定勝ちし、WBC世界J.フライ級王座を獲得した。
10月10日 渡喜敷勝男、WBA世界J.フライ級タイトル戦で、金成南(韓)を15R判定で下し、3度目の防衛に成功した。
1983年 9月6日 ジャッカル丸山対関博之の日本J.バンタム級タイトルマッチは、火の出るような打ち合いに終始した。お互いダウンを奪い合い、6回丸山の連打で関を仕留める。合計9度のダウンは日本タイトルマッチでは最多記録だが、数字以上に、肉体をさらけ出して戦った両者の闘魂がいまだにオールドファンの胸を熱くする。
1984年 1月18日 WBC世界フライ級タイトルマッチはドラマチックな世界王座奪取だった。王者フランク・セデニョ(比国)が力強いスタートを切るが、サウスポーの挑戦者、小林光二の左ストレートが炸裂。連打に次ぐ連打でグロッギーに陥った王者はダウンを繰り返し、ついにレフェリーストップ。小林が王座に。
9月9日 利き腕の左拳を4度も骨折しながら不屈の闘志でKO勝ちを重ねてきた浜田剛史は、元世界王者のクロード・ノエル(トリニダード・トバゴ)を圧倒。4回、左ストレートが見事に決まり、13連続KOの日本新記録となる。この連続KOを『14』にまで伸ばした浜田は、のちのWBC世界J.ウェルター級王者である。
  • 1952年~1969年
  • 1970年~1979年
  • 1980年~1989年
  • 1990年~1999年
  • 2000年~2009年
  • 写真提供:東京ドーム/ボクシング・マガジン
  • ※本サイトに掲載の記事・写真の無断転載は固く禁じます。