後楽園ホールアーカイブス

ザ・インタビュー

ちばてつや 「後楽園ホールにはたくさんのドラマがあり、人生がある」漫画史にも残る迫力と感動のボクシング巨編、「あしたのジョー」。リングに命を賭けて燃え尽きる野生児・矢吹丈のボクシング人生は、多くのファンを魅了し、ボクサーたちの憧れとして語り継がれている。その「あしたのジョー」でも後楽園ホールは数々の名勝負を生んだ。作者のちばてつや氏に「あしたのジョーと後楽園ホール」について語っていただいた――。

『あしたのジョー』は、ボクシング漫画の最高傑作とされる。それどころか、矢吹丈という主人公は、あらゆるカテゴリーを超え、巨大な漫画という世界が生んだ最大のヒーローと言えるのかもしれない。1968年1月から5年5ヵ月の間、『少年マガジン』(講談社)に連載された、高森朝雄(梶原一騎)原作、ちばてつや作画の作品は、いまだに熱い魂の叫びを、われわれに伝えてくれる。そして、プロボクサー・矢吹丈もまた後楽園ホールで育ち、夢を追いかけ、世界タイトルマッチへと羽ばたいていったのである。ウルフ金串をトリプルクロスカウンターで沈めたのも、あの力石徹の死で閉じる壮絶なドラマも、やはりここ後楽園ホールのリングでのことだった。

一番大切なのは勝敗よりもプロセス 努力している姿こそ美しい

ついこの間、後楽園ホールに行ってきたんですよ。『あしたのジョー』を連載しているころは、よく通ったものです。誰の試合を見たのかというところまでは、はっきりとは憶えてはいませんけれど。試合を見て何かを感じることも大切でしたが、「看板はどういうふうにかかっていたんだっけ」「あの角っこはどうなっていたのかな」とか、イメージがはっきり浮かばないときにも行きましたね。多いときには週に2度も3度も、ちょっとでも確かめたいことがあると行っていましたね。連載が終わってからも、知人のジムの会長さんからチケットをもらったりして、ポツリポツリと行ってはいるんですが、それでも何年に一度くらいですか。

久しぶりの後楽園ホールは、昔のままでした。懐かしかったですね。控え室なんか、あんまり変わっていないんじゃないですか。会場に向かう階段が汚れていたり、壁とか、ロッカーとか、あちらこちらがへこんでいる。ああ、負けてしまったボクサーが殴ったり、蹴ったりして、自分の力を出せなかった悔しさを紛らわせたのかなと、あのころと同じように感じました。

そんな疵を見ながら思うんです。実はプロセスが一番大事なんじゃないか、と。人生というもので、誰もが頂点に立てるわけじゃない。成功する人というのは、全部の人間の1%か2%に過ぎないでしょう。ボクシングならなおさら難しいかもしれません。残り90%以上の敗れ去っていった者たち、その彼らの思いが後楽園ホールの壁にはしみついているように思えて仕方ないんです。
 試合前のビリビリした雰囲気も、昔と一緒でした。戦いを控えて、緊張しているでしょう。恐怖もあるはずです。うかつに声もかけられません。そして試合が終わり、勝った者は喜び勇んで、負けた人は情けなくて目をこすりながら、それぞれ控え室に帰ってくる。あそこにはドラマがいっぱいあります。

ぼくはそういうドラマの中から、成功できなかった連中のことも描きたいんです。ジョー、あいつも最後には負けてしまうんですが、『あしたのジョー』の中には挫折する人間が何人もいますよね。無残にKOされるウルフ金串、鑑別所でジョーと戦った青山もそう、それからマンモス西。負けてしまって落ちぶれてしまった。力がないのに一生懸命に努力していた。本当は太る体質なのに、厳しい減量を強いられて、耐え切れずについうどんを食べてしまった…。彼らは途中で挫けてしまったけれど、どこか愛らしくもあって。
 勝負の世界というものは、敗者には何もやるなというのが本当かもしれません。けれど、ぼくはどうしてもそういう気持ちにはなれない。努力している姿は、最後の勝敗は別にして、何よりも美しい。一生懸命にやっている人たちを描いていたい、とぼくはそう思っているんです。