後楽園ホールアーカイブス

ザ・インタビュー

ファイティング原田 「ボクシングといえば後楽園。ぼくの人生の4分の3を象徴している」 歴代の世界チャンピオンの中でももっとも偉大な名選手として、ボクシングファンに語り継がれるファイティング原田さん。日本人初の2階級制覇を成し遂げ、アメリカのボクシング殿堂に選ばれた唯一の日本人ボクサーだ。引退後は若手ボクサーの育成、解説者としても活躍するそのボクシング人生は後楽園とともにあった

ファイティング原田は、日本ボクシング界の金字塔である。この言葉にあえて注釈を付け加えるなら、その成し遂げた実績のみならず、原田という人物そのものが、拳の世界に燦然と輝くのだ。昭和30年代から40年代、テレビ放映が週8度もあるというボクシング黄金期に、主役はずっとこの原田だった。フライ級、バンタム級と世界の頂点に立った。日本人として前人未踏の3階級制覇を狙って、果敢にフェザー級王座にも挑んだ。どこまでも攻撃的で、ひと時も休むことなくパンチを繰り出す姿が、ファンを魅了し続けた。現在まで語り継がれる減量苦とともに、原田というボクサーの何もかもが、もはや伝説である。そして今も、日本プロボクシング協会会長として、象徴として立つ。

好きなボクシングのためなら減量の苦しみにも耐えられた

ぼくは戦うことが好きでした。リングの上にいることが好きでした。怖いと思ったことなんて一度もありません。花道を入場してくるときはいつも照れくさいし、恥ずかしい。だから、タオルですっぽり顔を隠したりしていたんですが、リングに立つと不思議に気が楽になっていくんです。とにかく、ここにいることが楽しい、これから戦うことが楽しみで、その他の気持ちは一切湧いてきませんでしたね。
 今でもよく人に言われるんです。大変だったでしょう?厳しかったでしょう?でも、そんなことは全然ない。だって、本当に好きなことをやってきたんです。自分で選んで、そしてここまでやって来たんですから。途中にどんなことがあっても、勝利のあとの喜び、とくに世界チャンピオンになったときの気持ちに変えられるものはありません。

もちろん、思い返せば苦しいこともありました。ぼくの場合は、減量でしょうね。試合をするために、とにかくそのクラスのリミットまでに体重を落とさなければならない。この減量が、とんでもなく苦しかったのも確かです。「水洗トイレを流れる水も飲みたかった」という話は、本当のことです。減量も最後の段階になると、何も食べていられないし、水も飲めない。そういう過酷な状況にあったある朝、前の晩より体重が増えていたことがあったんです。もちろん、何も口にしていません。原因は寝る前のうがいだったんです。
 この段階になると、口の中も水分を失って、舌はガザガザになってしまっています。そういうときに水を含むと、たとえ胃の中に流し込まなくても、粘膜から水分を吸収してしまうんです。だから亡くなったオヤジ(笹崎僙・笹崎ジム会長)は、宿舎の水道の蛇口を全部針金で封印して。そういうときにトイレに立って、便器に流れる水さえも愛しくて、つい飲みたくなってしまったんです。

そういう思いをして、リングにたどり着いたというのも、開放感につながっていたのでしょう。それに、どんなときでも対戦相手に「この野郎」という気概を持って臨んでもいました。
 たとえば、初めて世界フライ級チャンピオンになったポーン・キングピッチとの一戦です(1962年10月10日)。あの試合は初め、東洋フライ級チャンピオンの矢尾板貞雄さんが挑戦者になるはずでした。その矢尾板さんが突然引退されて、ぼくにチャンスが回ってきたものなんです。
 デビューして3年目、まだ19歳でした。世界なんて先の話だと思っていたし、勉強のつもりで戦えればいいと思っていたんです。ところが、来日するポーンに敬意を表して、当時唯一の国際空港だった羽田まで出迎えに行ったときです。ポーンはまともにぼくのことを見ようとしない。調印式、計量のときも握手してもそっぽを向いているんです。見下されているのかと思うと、どうしても勝ちたいという気持ちになって。試合は11回でぼくがKO勝ちするんですが、フィニッシュの瞬間までパンチを何発打ったのかな。もう数えきれないくらいに打ちましたね。ちゃんと握手をしていれば、彼もあんなに痛い思いをしないですんだのにと思いました(笑)。その後はぼくも対戦相手と向き合うときは、決して笑顔を忘れませんでした。