後楽園ホールアーカイブス

ザ・インタビュー

高橋ナオト 「激闘だったマークとの一戦、感動したと言われればうれしい」 逆転に次ぐ逆転のKO劇を演じ、多くのファンを熱狂させた「逆転の貴公子」、高橋ナオトさん。世界チャンピオンの夢こそかなわなかったが、彼もまた後楽園ホールが生んだヒーローであり、いまだに語り継がれる名勝負を残してくれた――。

これだけは断言できる。その後、『逆転の貴公子』と呼ばれる高橋ナオトが、マーク堀越を相手に演じた、あの後楽園ホールでの戦いは、ボクシングというスポーツが生んだ最高傑作のひとつである。1989年1月22日、日本バンタム級王座を失い、1階級上のJ.フェザー級(現S.バンタム級)に転向したナオトは、ここまで6度の防衛戦にすべてKO勝ちしたマークが保持する王座に挑んだ。現在JBスポーツ・ボクシングジム会長として、後進の指導に当たっている高橋ナオトの言葉を聞く前に、このあまりにもドラマチックな一戦を、もう一度なぞっておかなければならない。
 立錐の余地もないほどの観客に埋め尽くされた後楽園ホールは、まさしく逆転に次ぐ逆転に沸きかえる。3ラウンド、左フックを浴びてダウン寸前に追い詰められたナオトは、続く4ラウンドもマークの強打に打ちのめされたものの、ナオトが放った一瞬の右パンチで展開は一変する。普段は青森県にある米軍三沢基地に勤務する黒人兵マークの体は、2度にわたってキャンバスに転がった。
 タフなスピリットを持つマークも5ラウンドから反撃に転じる。8ラウンドにはパワフルな右パンチを決めて、ナオトを逆にダウンを与えた。ダメージと疲労とで、ナオトは絶体絶命に見えた。
 ところが、これで試合は終わらない。9ラウンドに大きなどんでん返しが待っていた。一撃の右ストレート。これをあごに直撃されたマークはゆっくりと崩れ落ちる。やっと立ち上がったものの、その足もとは定まらない。糸のほつれたピノキオのようにリングを半周し、そしてレフェリーにストップされる。
 このすさまじい試合は、後楽園ホールの観客、生中継されたテレビを見たファン、さらに新聞雑誌記者まで熱狂させた。運動記者クラブボクシング分科会が選ぶ年間最優秀試合は、通常世界タイトルマッチから選出されるが、大多数の支持を受けて、この日本J.フェザー級タイトルマッチが選出されたのである。

記憶が戻ったのは9ラウンド KOパンチは自然に動いた

実は、あの試合の第1ラウンドから8ラウンドまでに起こったことは、よく憶えていないんです。後になって、2ラウンドまではポツリポツリと思い出せるようになりましたが、3ラウンドからは今もって記憶の中から抜け落ちたまま。2度もマークを倒したことも、ダウンを奪い返されたぼくがキャンバスをたたいて悔しがったことも憶えていません。たぶん、3ラウンドにマークの左フックを食ってからでしょう。あとは無意識状態で戦っていたということです。
 我に返ったのは、8ラウンドが終わって、コーナーに帰るころですね。あれ、もう9ラウンドになるんだ、と突然気がついたんです。そうして確かめてみると、体はへとへとだし、ダメージも相当あって、これはやばいんじゃないのかな、と。

最後のラウンド、意識ははっきりしていました。KOパンチは、左手でフェイントをかけておいて、ガードがあいたところに狙った右パンチです。ずっと練習してきた攻撃でした。もう疲れきっていましたが、体が自然に動いたんですね。
 9ラウンド以前に何があったかは、あとになってビデオでようやく知りました。激戦だったんですね。ぼくも本当に効いていました。あのまま行ったら、判定では負けていたでしょうね。でも、率直に言っておもしろい試合じゃないですか。一般のファンの人が、一番見たがるような戦いだったと思います。ぼく自身、ビデオで10回くらい見ていますが、いつ見てもおもしろいんですから。