後楽園ホールアーカイブス

ザ・インタビュー

竹原慎二 「デビュー戦から世界タイトル戦まで後楽園ホールで勝ち取った」 ミドル級で世界一になるのは無理、そんな常識をうち破った元世界ミドル級王者、竹原慎二さん。だれもが予想しなかった夢物語を後楽園ホールで現実にした。多くのファンに勇気と感動を与えたその名勝負をボクシングへの熱き思いを語る――。

日本ボクシング史上、もっとも偉大な瞬間はと問われたなら、そのひとつに『この場所のあの時』を選びたい。1995年12月19日の後楽園ホール。竹原慎二がWBA世界ミドル級チャンピオンになったときである。ミドル級の世界チャンピオンの座は、日本人にとっては、あるいはヘビー級チャンピオンより獲得は難しいとも言われた。160ポンド、72.57キログラムというこのクラスのリミットは、ボクシング先進国の米国やヨーロッパの平均的な体格である。層の厚さ、選手個々の能力は日本とそれとは格段に違うとされた。だが、竹原は186センチの長身から繰り出す強打で、キャリア100戦で1度のKO負けのないアルゼンチンのチャンピオン、ホルヘ・カストロからダウンを奪った。そして、中盤から終盤戦と果てしなく続く壮絶な打撃戦にも耐え抜き、見事にチャンピオンシップを射止めたのだ。あれから7年、リングを去った竹原は、人気テレビ番組『ガチンコ! ファイトクラブ』の鬼コーチ役として、ボクシングの伝道者としても活躍している。

観客との一体感が闘争心をかきたてる

運。そう、ぼくが世界チャンピオンになれたのは、運も味方してくれたと思います。練習してたことが的を得て、実際試合をしてみて噛み合わせが良かったと思います。カストロはパンチは重かったけれど、スピードは想像よりもなかったし、テクニックもそれほどではなかったですね。でも、タフで突進するパワーがものすごい選手でした。
 ただ、ぼくがミドル級世界タイトルを獲ったことが偉大なことだと言ってくれるのは、ボクシングをよく知っている人だけですよ。一般の人たちはきっと、それほどの大事だとは思っていないんじゃないですか。

でも、ぼく自身にとって、すべての試合の中でもっとも満足できる一戦と言ったら、やはりカストロ戦ですし、運をつかむために、それだけの練習をやってきた自信もあります。そしてもっとも運がよかったのは、あのタイトルマッチの舞台が、後楽園ホールであったこともあるんじゃないですか。
 ぼくにとって、後楽園ホールはボクシングの始まりであり、成長してきた場所でもあります。プロテストを受験し、17歳でプロにデビュー。同じ年で東日本新人王になり、19歳で日本チャンピオン、21歳で東洋太平洋チャンピオン。みんな後楽園ホールで勝ち取ってきたものです。さまざまな思い出もありますし、親しみもあります。

ここは造りがいいんですね。観客席がすごく近くて、お客さんの顔々が目線の高さにある。だからでしょうか。闘争心がどんどん沸いてくる。集まってくるファンの目も肥えています。いい試合をすれば熱心に応援してくれるし、下手な戦い方をすればひどい野次も飛んできます。戦っているぼくらも、つられるように一生懸命になる。4回戦のころから、みんな熱心に見てくれていますからね。そんな声援が、ぼくらにはプラスと言うか、大きな励みになっていました。

どのボクサーもそうでしょうが、試合前はひどくナーバスになっています。ハタケ(畑山隆則)はそうじゃなかったみたいですが、ぼくは控え室に入ってから人と接したり、話したりするのがどうしてもいやでした。とにかくひとりきりで、そのときまでじっと待っていたかった。それに直前になったら、静かに祈っていたかった。でも、ひとたびリングに上がると、気持ちに火がつく。後楽園ホールは、どうも不思議な場所ですよね。