Tokyo Dome City 東京ドームシティ トップページへ 交通案内 シティマップ シティスケジュール Q&A サイトマップ
テーブルウェア・フェスティバル2009 暮らしを彩る器展/2009.1.31(Sat)〜2.8(Sun) 10:00am〜7:00pm(入場は閉場の1時間前まで)第17回テーブルウェア大賞〜優しい食空間コンテスト〜
食卓を彩るテーブルウェアの新しい提案と、日本の食文化の発展への寄与をコンセプトに開催された「第17回テーブルウェア大賞〜優しい食空間コンテスト〜」には、部門1(テーブルウェア・オリジナルデザイン部門)、部門2(テーブルウェア・コーディネート部門)、特別審査部門(くつろぎのティータイム)計2,442点の応募をいただきました。
その中から1次審査通過作品177点が東京ドームの会場に展示されました。
そして、部門1、2それぞれの大賞1点、特別審査部門の最優秀奨励賞が選ばれたほか、各賞が選出されました。
部門−1 テーブルウェア・オリジナルデザイン部門…食器のオリジナルデザインを対象としたコンテストです。
大賞・経済産業大臣賞
 
“芬芬”

桑田卓郎
推薦コメント:

白、朱、黒、どきっとさせる様な配色を美しい白磁の器にまとめた力量は素晴らしい。シンプルな形状に卓越した技術の裏付けは日本人だからこそ成し得る作品かもしれない。完成度がバツグン。
(會田雄亮 審査委員長)

»写真を拡大する
その他の受賞作品
 
部門−2 テーブルウェア・コーディネート部門…今回のテーマは、「お祝いの日〜私流のおもてなし〜」です。
大賞・経済産業大臣賞
 
“小正月 by my style”

河村祥子
推薦コメント:

小正月というタイトルから言うとお正月らしさはミニ角重だけですがいかにもmy style。その気持ちわかります。婚家先や実家で気を遣ってきた後ですから。そんな30代後半の女性達のおしゃべりが聞こえてきます。色使い、器使いとも余分なものはなく、素材の格合わせも上手です。お料理もお節にあきたとは言いながら白味噌仕立てやデザートに配慮があり楽しく、座りたい食卓です。
(落合なお子 審査員)

»写真を拡大する
その他の受賞作品
 
特別審査部門…テーマは「くつろぎのティータイム」です。
最優秀奨励賞
 
“おかきを焼きながら”

グループ・三雅((財)伝統的工芸品産業振興協会)
推薦コメント:

暖かな空気が周りを取り囲んでホッとした、くつろげる場になっております。肩の張らない、しかもなつかしさも加わった楽しみがあります。目的意識がはっきりしていて、今回のテーマ“くつろぎ”にふさわしいと審査員一同の高い評価になりました。
(鯉渕幸子 審査員)

»写真を拡大する
その他の受賞作品
 
審査概要
  1. 主催  
テーブルウェア・フェスティバル実行委員会
食空間と生活文化ラウンドテーブル(TALK)
  2. 審査日時  
2009年1月30日(金) 10:30〜13:00
  3. 部門別出品数・出展数  
 
部門−1
  プロフェッショナル アマチュア
カテゴリー 出品者数 作品数 出品者数 作品数
陶磁器 22 23 27 29
漆器 4 4 1 1
ガラス器 18 18 15 16
金属食器 4 4 2 2
その他 1 1 1 1
合計 49 50 47 50
総計 95名99作品
部門−2
出展者数 作品数
60 60





特別審査部門
出展者数 作品数
18 18
 
4. 審査員
審査員長
會田 雄亮
(陶芸家・東北芸術工科大学名誉教授・愛知県立芸術大学客員教授)
審査員 部門-1
大樋 長左衛門
(文化功労者)
黒田和哉
(社団法人日本陶磁協会 常任理事)
宮田 亮平
(東京藝術大学 学長)
吉本由美子
(ガラス作家・日本ガラス工芸協会理事)
審査員 部門-2/特別審査部門
落合 なお子
(トータルライフコーディネーター)
加藤 タキ
(コーディネーター)
鯉渕 幸子
(トータルコーディネーター)
下重 暁子
(作家)
服部 幸應
(社団法人全国調理師養成施設協会 会長)
(50音順/敬称略)
  5. 審査対象部門  
●部門−1 テーブルウェア・オリジナルデザイン部門 ●部門−2 テーブルウェア・コーディネート部門
食器のオリジナルデザインを、1.陶磁器、2.漆器、3.ガラス器、4.金属食器、5.その他の5つのカテゴリーに分類し、プロフェッショナル、アマチュアに分けて審査しました。プロフェッショナル、アマチュアそれぞれのクラスに各賞を設定しました。また大賞は、プロフェッショナル、アマチュア問わず最高の作品に贈られました。 「お祝いの日〜私流のおもてなし〜」をテーマとし、アイデアに富んだテーブルコーディネートを審査しました。部門−1と同様に大賞が1点選ばれたほか、下記の各賞が決定しました。
●特別審査部門  
「くつろぎのティータイム」をテーマとし、テーブルセッティングのみで、いかにテーマを表現できているかを審査しました。多数の作品の中から、最優秀奨励賞・奨励賞が選ばれました。
  6. 賞構成  
  部門-1 部門-2
クラス プロフェッショナル アマチュア オープン
大賞・経済産業大臣賞
(賞状・トロフィー)
1点
100万円
1点
100万円
最優秀賞
(賞状・トロフィー)
各1点
各30万円
1点
各30万円
優秀賞
(賞状・トロフィー)
2点
各10万円
1点
10万円
3点
各10万円
佳作
(賞状・盾)
各5点 5点
入選
(賞状)
約40点 約40点 約50点
▼特別賞
東京都知事賞
(賞状・賞品)
1点 1点
審査員賞
(賞状・賞品)
4点 5点
特別審査部門
最優秀奨励賞
(賞状・記念品)
1点
10万円
奨励賞
(賞状・記念品)
2点
 
このページの先頭へ
東京ドームシティわくわくダイヤル 03-5800-9999 Copyright(C) 株式会社東京ドーム All Rights Reserved.
東京ドームシティ トップページへ 企業情報 個人情報について サイト利用規約 詳細はこちら 詳細はこちら