• Home
  • イベント内容
  • 会場マップ
  • 『サロンセミナー』はコチラ
  • NYC
第22回テーブルウェア大賞~優しい食空間コンテスト~
テーブルウェア・フェスティバル実行委員会では、食生活文化ならびにテーブルウェア文化の向上をテーマに、『テーブルウェア・フェスティバル2014 ~暮らしを彩る器展~』を、東京ドームにて2014年2月2日(日)より開催し、 「第22回テーブルウェア大賞~優しい食空間コンテスト」の入賞作品発表および表彰式を行いました。

業界内最大の規模を誇り、食卓を彩るテーブルウェアの新しい提案と、日本の食文化への発展への寄与をコンセプトに開催されている本コンテストは、部門1(テーブルウェア・オリジナルデザイン部門)と部門2(テーブルウェア・コーディネート部門)、 特別審査部門の3部門で構成されています。第22回を迎える今回は、応募総数計1983点の中から、部門1、2それぞれの大賞1点、特別審査部門の最優秀奨励賞および各賞が選出されました。主な受賞作品は以下の通りです。 

部門-1 テーブルウェア・オリジナル・デザイン部門 食器のオリジナルデザインを対象としたコンテストです。
大賞・経済産業大臣賞
「Stripe bowl」
佐藤 愛子
推薦コメント:
同じ練込作品を作っている人間として、この作品を見た第一印象は、よくぞこの使いにくい色を食器に使われたなと感心した。 やはり作者の心の大きさによるのだろう。
(會田雄亮 審査員長)
その他の受賞作品
部門-2 テーブルウェア・コーディネート部門 今回のテーマ「MY HOLIDAY~リゾート気分でおもてなし~」です。
大賞・経済産業大臣賞
「唄三線で沖縄の宴」
西巻 顕子
推薦コメント:
沖縄の個性的なムードが縦位置に工夫されたテーブルに細部までよく現わされています。 花の飾り方や美しい空のイメージの現わし方などに工夫がこらされていて、見ていると楽しくなるセッティングです。
(江上栄子 審査員)
その他の受賞作品
特別審査部門 今回のテーマ「私流スイーツタイム」
最優秀奨励賞
「「お福分け」²
丹羽 稔子
推薦コメント:
全体の色調、シンプルさ親しみやすさを簡潔に現わされました。”お福わけ”のテーマもよく、明確に伝わりました。審査員一同高い評価をしました。 貴重な感性を大切に育んでいただければと楽しみにしております。
(鯉渕幸子 審査員)
その他の受賞作品
第22回テーブルウェア大賞審査概要
1.主催
テーブルウェア・フェスティバル実行委員会
NPO法人食空間コーディネート協会
2.第22回 審査員
審査員長
會田 雄亮
會田 雄亮
(陶芸家/東北芸術工科大学名誉教授)
審査員 部門-1
大西 長利
大西 長利
(漆芸家/東京藝術大学名誉教授)
唐澤 昌宏
唐澤 昌宏
(東京国立近代美術館工芸課長)
黒田和哉
黒田和哉
(株式会社黒田陶苑代表取締役会長)
宮田 亮平
宮田 亮平
(東京藝術大学学長)
審査員 部門-2/特別審査員
江上 栄子
江上 栄子
(江上料理学院院長)
鯉渕 幸子
鯉渕 幸子
(トータルコーディネーター)
栄木 正敏
栄木 正敏
(セラミック・デザイナー/
愛知県立芸術大学名誉教授)
橋本 京子
橋本 京子
(テキスタイルデザイナー/
多摩美術大学教授)
服部 幸應
服部 幸應
((公社)全国調理師養成施設協会会長)

3.賞構成
部門-1 部門-2
大賞・経済産業大臣賞
(賞状・トロフィー)
1点
100万円
1点
100万円
最優秀賞
(賞状・トロフィー)
1点
30万円
1点
30万円
優秀賞
(賞状・トロフィー)
プロフェッショナル アマチュア オープン
1点
20万円
1点
20万円
1点
20万円
優良賞
(賞状・トロフィー)
2点
各5万円
1点
5万円
3点
各5万円
佳作
(賞状・盾)
5点 5点 5点
入選
(賞状)
約40点 約40点 約50点
▼特別賞
東京都知事賞
(賞状・記念品)
1点 1点
審査員賞
(賞状・トロフィー)
4点 5点
特別審査部門
最優秀奨励賞
(賞状・記念品)
1点
10万円
奨励賞
(賞状・記念品)
2点