• Home
  • 特集企画
  • イベント企画
  • アリーナスタジオ
  • サロンセミナー
  • 販売展示コーナー
  • 会場マップ

第24回テーブルウェア大賞~優しい食空間コンテスト~

業界内最大の規模を誇り、食卓を彩るテーブルウェアの新しい提案と、日本の食 文化への発展への寄与をコンセプトに開催されている本コンテストは、部門1(テーブルウェア・オリジナルデザイン部門)と部門2(テーブルウェア・コーディネート部門)、特別審査部門の3部門で構成されています。第24回を迎える今回は、応募総数計1929点の中から、部門1、2それぞれの大賞1点、特別審査部門の最優秀奨励賞および各賞が選出されました。主な受賞作品は以下の通りです。

部門-1 テーブルウェア・オリジナル・デザイン部門 食器のオリジナルデザインを対象としたコンテストです。
大賞・経済産業大臣賞
「「侘び」と「錆び」のカタチ」
坂井 直樹

推薦コメント:
食の文化の中で鉄素材が主となるものは、なかなか目にすることが無い。その中において、プロポーションやテクスチャーを出来うる限りシンプルにすることにより、形態の持つ面白さを醸し出し、閑静な生活感を演出している。鉄の素材の魅力を掛け合わせることによりテーブルコーディネイトとはとても意義深い楽しみを味わうことが出来ると期待している。
(宮田 亮平 審査員長)
その他の受賞作品
部門-2 テーブルウェア・コーディネート部門 今回のテーマ「Enjoy Home Party 「乾杯」~伝えたい思いを乗せて~」です。
大賞・経済産業大臣賞
「「乾杯」 ~from TOKYO 」
西巻 顕子
推薦コメント:
2013年12月4日にユネスコで和食が無形文化遺産に決定しました。このような時期に和食作品での大賞の受賞おめでとうございます。日本の伝統工芸の数々の素晴らしさを狭い空間でありながら素敵に表現されています。人のぬくもり、伝統工芸にしか表現できない和の輝き、本物の良さ、日本人として決して忘れてはならない心、全てがこの作品に表現されています。座卓の置き方に少し気を使ってください。和の原点である空間表現には一番大切なところです。
(阪口 恵子 審査員)
その他の受賞作品
特別審査部門 今回のテーマ「かわいいひな祭り」
最優秀奨励賞
「ひな祭りは大人可愛く」
上條 八千代
推薦コメント:
立体的に、手作り感を加えたひな祭りになっています。テーマの“大人可愛く”が伝わってきました。
(鯉渕 幸子 審査員)
その他の受賞作品

第23回テーブルウェア大賞審査概要

1.主催
テーブルウェア・フェスティバル実行委員会
NPO法人食空間コーディネート協会
2.第23回 審査員
審査員長
宮田 亮平
宮田 亮平
(東京藝術大学学長)
審査員 部門-1
黒田 和哉
黒田 和哉
(株式会社黒田陶苑代表取締役会長)
豊福 誠
豊福 誠
(東京藝術大学美術学部教授)
藤田 潤
藤田 潤
(ガラス工芸家/日本ガラス工芸協会理事)
三田村 有純
三田村 有純
(東京藝術大学美術学部教授)
審査員 部門-2/特別審査部門
川崎 景太
川崎 景太
(フラワーアーティスト)
黒川 雅之
黒川 雅之
(建築家)
鯉渕 幸子
鯉渕 幸子
(トータルコーディネーター)
阪口 恵子
阪口 恵子
(JTAAジャパンテーブルアーチスト協会会長)
服部 幸應
服部 幸應
(公益社団法人全国調理師養成施設協会会長)
3.賞構成
部門-1 部門-2
大賞・経済産業大臣賞
(賞状・トロフィー)
1点
100万円
1点
100万円
最優秀賞
(賞状・トロフィー)
1点
30万円
1点
30万円
優秀賞
(賞状・トロフィー)
プロフェッショナル アマチュア オープン
1点
20万円
1点
20万円
1点
20万円
優良賞
(賞状・トロフィー)
2点
各5万円
1点
5万円
3点
各5万円
佳作
(賞状・盾)
5点 5点 5点
入選
(賞状)
約40点 約40点 約50点
▼特別賞
東京都知事賞
(賞状・記念品)
1点 1点
審査員賞
(賞状・トロフィー)
4点 5点
特別審査部門
最優秀奨励賞
(賞状・記念品)
1点
10万円
奨励賞
(賞状・記念品)
2点
入選
(賞状)
約15点

前回の受賞作品はコチラ