• Home
  • 特集企画
  • イベント企画
  • アリーナスタジオ
  • サロンセミナー
  • 販売展示コーナー
  • 会場マップ
第24回テーブルウェア大賞~優しい食空間コンテスト~

部門-1 テーブルウェア・オリジナル・デザイン部門 食器のオリジナルデザインを対象としたコンテストです。
画像をクリックで拡大します。
東京都知事賞・最優秀賞
「ripple bowl」
工藤 祐介
優秀賞(プロフェッショナル)
「幽玄」
市川 知也
優秀賞(アマチュアクラス)
「煌めく」
園田 芙美子
優良賞(プロフェッショナル)
「酒器藹々」
渡辺 国夫
優良賞(プロフェッショナル)
「kikka -酒器-」
松浦 健司
優良賞(アマチュア)
「裂紋組皿」
川上 芳子
佳作(プロフェッショナル)
「透光磁練上げ 「桜のかさね」」
浅井 敬子
佳作(プロフェッショナル)
「練込組皿 「小倉織に寄せて」」
保屋野 武
佳作(プロフェッショナル)
「吹泥幾何文器 (組物)」
牧 フキ子
佳作(プロフェッショナル)
「呼吸するうつわ -紅折葉-」
松永 圭太
佳作(プロフェッショナル)
「ウェーブボール」
藤八屋 塩士 純永
佳作(アマチュア)
「まな板盛皿」
伊藤 能子
佳作(アマチュア)
「雲外歩」
重田 啓子
佳作(アマチュア)
「はての浜」
加藤 裕子
佳作(アマチュア)
「BUCHI KUCHI」
三野 直子
佳作(アマチュア)
「波紋」
吉田 祐子
審査員賞

 「まな板盛皿」
   伊藤 能子
まな板の造形は作者にとって難しい技法の一つである。作成時のなまの時と焼き上がりが必ずしも一致しない。それを計算した上での造形は見事である。志野釉の技法「かいらぎ」は平均していて、画付を邪魔していない。脚の付け方もユニークであり、類を見ない。何よりも手取りも良く、寸法が良い。料理を盛って見たい。
※「かいらぎ」とは釉薬が球状になる状態
【豊福誠審査員賞】
 「練込組皿 「小倉織に寄せて」」
   保屋野 武
作者のコメントにあるように、織物の雰囲気をここちよく表現した秀作であります。練込の技法は、素地作りに時間を要する仕事です。陶土に顔料を加えながら、それぞれの色土を調合し、焼き上がりの色をテストして配色を決めます。この板皿は下仕事の手間を感じさせない。軽やかで色合の美しい、料理の映える器に仕上がっています。
審査員賞
【藤田潤審査員賞】
 「幽玄」
   市川 知也
透明ガラスに地模様をつけ、黒い色を被せて吹きあげている。除冷後、口辺部の黒を削り落とし、下部も縦縞模様に微妙な変化をつけて削っている。シンプルな形の優美さと確かなカット技術は作者の素材に向き合う誠実な姿勢が伺える。モノトーンの色使いは盛るものを引き立てると同時に日本人が育んできた精神性を強く感じる。
【三田村有純審査員賞】
 「ウェーブボール」
   藤八屋 塩士 純永
漆の代表的色彩である赤と黒で塗られた組み器である。五枚の器は縁を広く造形し、波を思わせるように削り取られている。その部分に黒漆には銀粉を蒔絵し、赤漆には金粉を蒔き、磨いている。五枚の器を重ねると花弁が重なるようにも見える。平たい皿は、重なった器の上に置くと蓋になるなど、使う時だけではない心配りを秘めている。
大賞受賞作品
ページTOP
入選作品
プロフェッショナルクラス
  桜花爛漫 赤羽 孝也   透光磁練上げ 「桜のかさね」 浅井 敬子
  透光磁練上げ 「菖蒲のかさね」 浅井 敬子   二重おぼろ雲 池崎 照夫
  Apple 市原製陶(株)
孫孝遠
  エグ・ソトホート 伊藤 たかを
  波打つ皿 「水の記憶」 井上 紗奈依   スープボウル 加藤 賢治
  YAKEMONO ~やけもの~ 小森 智久   BOWL 佐藤 芳明
  断片 寺社下 景子   blue_white four cups 柴田 正太郎
  流線文 鉢 中鉢 深鉢 島田 猛   城田 直美
  白磁刻文平鉢揃 副島 微美子   People 孫孝遠
  網目焼バスケットプレート 西浦 美保子   山野葉文組鉢 浜渡 富雄
  酒器?小鉢? (トンボ) 福井 敏治   komorebi 酒器 フクオカ
タカヤ
  彩泥釉盛線文鉢 「銀河」 藤澤 徳雄   青磁泥趨四方大皿 星野 玄
  練込組皿 「小倉織に寄せて」 保屋野 武   吹泥幾何文器 (組物) 牧 フキ子
  呼吸するうつわ ―紅折葉― 松永 圭太   酒器藹々 渡辺 国夫
  色絵金銀彩縞文器 渡辺 国夫   ショットグラス (貝入) 天野 真一
  木村 正人   フリーカップ 駒澤 徹
  ウェーブボール 籐八屋 塩士純永   うすびき盛器 さくら 中出 克人
  駆々々 阿部 貴央   凛として柔 泉澤 千景
  幽玄 市川 知也   大徳利とぐい呑み 「断崖に打ち付ける波濤」 小野里 澄人
  ひねひね。 高橋 典子   色織りのうつわ ~山鳩~ 鄭 継深
  Apollon 日野 千春   インカルモ深鉢 「阿波の音色」 藤井 哲信
  kikka ―酒器― 松浦 健司   連菱 森下 暁
  陽光の波 森下 暁   銅皿 「しかく四角」 浅野美芳を
囲む会
  「侘び」と「錆び」のカタチ 坂井 直樹   名もなき器 樹種:屋久杉 津山銘木有馬本店
  名もなき器 樹種:屋久榧 津山銘木有馬本店   銘木皿 樹種:栃 津山銘木有馬本店
  三角組皿 「麻の葉」 細矢 恒義   三角組皿 「アカマル」 細矢 恒義

アマチュアクラス
  Fermata in blue 青沼 陽子   枯池枯山水 赤坂 和紀
  花咲く食卓 秋山 寿朱   氷華重ね組鉢 安齋 博次
  手付き丸皿 伊藤 美枝子   まな板盛皿 伊藤 能子
  芽生え 大出 ヒロ子   練り込み皿 大西 正勝
  茶碗名残り雪 小川 雅弘   茶碗春の叫び 小川 雅弘
  栗いが灰釉 平皿 乙訓 篤   裂紋組皿 川上 芳子
  練込濃淡綾杉紋様八角組皿 木内 洋介   蕎麦猪口三昧Ⅱ 木田 裕美
  edge 金 泰浩   幾何文陶重箱 齋藤 巍
  椿文陶重箱 齋藤 巍   雲外歩 重田 啓子
  花鳥風月 重田 啓子   一粒の雫 鈴木 啓二朗
  練上花紋三角皿 薔薇の共演 寺澤 里美   練上流水紋皿 寺澤 里美
  Bloom 中村 登美子   光の連鎖 長谷川 祐子
  波皿 三神 明美   寄り添う 名生 啓子
  Gamuri Glass 割り入れ“The Earth” 森 茂伸   はての浜 加藤 裕子
  ビアグラス 青 四兄弟 河村 有軌   ripple bowl 工藤 祐介
  漆蕾 工藤 祐介   三色のハーモニー 生田 明子
  しゃぼんだま 板倉 由子   Rainbowl 伊場 悠加
  家族の時間 大田垣 咲斗   朝靄のしずく 小谷野 陽子
  齊藤 未奈海   齊藤 未奈海
  煌めく 園田 芙美子   海辺 竹尾 靖
  湖面の満月 竹尾 靖   持ちつ、持たれつ 谷永 太郎
  Blau 中西 真紀   仁平 晴奈
  八角文様ガラス器 三様 前島 亮一   BUCHI KUCHI 三野 直子
  「grace」 吉田 祐子   波紋 吉田 祐子
  煌 シャンパン・クーラー 金 由美   memory 早川 邦江