Tokyo Dome City

PCサイト

エリア紹介

美しく壮大な宇宙を感じる、直径11mの4K超シアター 4.シアター宙(ソラ)

美しく壮大な宇宙を感じる、直径11mの4K超シアター 4.シアター宙(ソラ)

直径11mの大きな穴が開いたシアター空間。
周りを全員で「囲み、覗き込む」独自のスタイルは、宇宙や地球をこれまでとは違った視点で捉え、足元にまで映像が流れ込む浮遊感や臨場感も体感できます。最新鋭の技術を駆使した4K超の高解像度映像は美しく息をのむような鮮明さ・立体感を表現します。
宇宙の美しさ・雄大さを最大限に引き出す「シアター宙」は、きっとあなたに初めての体験をお届けします。
●サイズ:直径11m、迫力のスケール
●高精細映像: 4K×4K(フルハイビジョンの8倍、約1,600万画素の高解像度、3mmドット)
●独自形状:上から見下ろして観覧する「映像観覧システム」と「映像表示方法」は国内特許取得。(特許第5530022号)

プログラム内容

2本のプログラムを上映中。
上映スケジュールの詳細は「営業時間」をご覧ください。

シアター宙を2回ご覧になれるお得な再入館券を販売中。
詳しくはこちらをご覧ください。

※プログラム詳細は下の画像をクリックしてご覧ください。

  • 映像 宇宙・天体 ★★
    星空・地球 ★★★
    風景・人物
    効果 回転・浮遊感 ●●
    立体音響
  • 映像 宇宙・天体 ★★
    星空・地球
    風景・人物 ★★★
    効果 回転・浮遊感 ●●●
    立体音響 ♪♪♪

●Program #1 「another point of view」

かつて人々にとって宇宙は、地上から見上げる星空の風景でした。やがて時は進み、今では「地球から宇宙を見る」、「宇宙の中の星の一つとして地球を見る」という捉え方をするまでになりました。
星空から宇宙の遥か遠くへ。そして、宇宙から地球へ。人々の視点の変遷を表すストーリー「another point of view」を、心地よい音楽とともにお楽しみください。

いくつもの星雲を抜け、銀河系の果てへ。渦巻く銀河にのみこまれるような錯覚にとらわれます。

広大な宇宙の中では身近な存在といえる太陽系惑星。ダイナミックなカメラワークで系内を見渡し、そのスケールを感じられるシーンです。

表面温度が5000℃以上もあるという太陽、そしてそこから噴き出しほとばしる太陽フレアや紅炎。その壮大なエネルギーに圧倒されます。

今はまだ、宇宙飛行士や限られた人達しか見たことのない光景。宇宙から地球を見る、その時、今までの世界観が変わってしまう程の感動があることでしょう。

【制作】
クリエイティブディレクション:株式会社丹青社
制作・統括:株式会社タケナカ
監督:谷田光晴
   
【制作協力】  
演出: GLMV株式会社
CG制作: 株式会社トムス・ジーニーズ
タイムラプス撮影: 江戸洋史
音楽制作: 田中靖憲

●Program #2 「Cosmos -光と音が奏でる138億年」

遥か138億年前の宇宙の始まりビッグバン。
ビッグバンからファーストスターが、さらに銀河、星雲、無数の星々が誕生しました。
そして今、地球には豊かな音楽と色彩があふれ、人々の想いは宇宙や未来へと向かっています。
遥かな過去から現在、未来へ。
時空を超えて、光が音に、色彩が音楽に重なりあい、138億年の宇宙を奏でる「Cosmos -光と音が奏でる138億年」を、お楽しみください。

ビッグバンから約3億年後に誕生した宇宙の青い一番星、ファーストスター。
心臓の鼓動のような音がリズムを刻み、宇宙・星の誕生を表現します。

地球から7000光年離れた銀河系に存在する星雲の一つ、わし星雲。ハッブル宇宙望遠鏡の実写を元に全方向からの姿を表現します。

木星は地球の300倍以上もの質量を持つ大きな惑星で、目玉のような大赤班は地球2,3個ほどの大きさがあります。間近に迫ると圧倒的な質量で渦巻く様子を感じることができます。

「宇宙」の意味を持つ「コスモス」畑。ここで、ビッグバンから始まる宇宙から地球の景色へ、そして私たちの思い描く未来の宇宙へと、物語が繋がります。

【制作】
クリエイティブディレクション:株式会社丹青社
制作・統括:株式会社タケナカ
演出・監督:日置修平
   
【制作協力】  
CG制作: 株式会社ロボット
  有限会社リンダ
  株式会社トムス・ジーニーズ
  株式会社アクア
音楽制作: LCA Creative Service
空撮: SORATORIYA service
写真家: 谷角靖
技術協力: SONY
アドバイザー: 関根康人
  (東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻 准教授)