英国 -Style of Life-

生活に品格と気品があふれる英国。ガーデンや紅茶と共にあるその美しいライフスタイルを様々な食卓シーンで表現し、英国スタイルの「今」をご紹介します。

<展示ブランド> ウェッジウッド、エインズレイ、エマブリッジウォーター、スポード、デンビー、バーレイ、ハルシオンデイズ、ポートメリオン、リチャードブレンドン、ロイヤルウースター、ロイヤルクラウンダービー、ロイヤルドルトン、ウィリアム ヨーワード クリスタル、アーサープライスオブイングランド

うつわに息づく用の美~笠間焼・益子焼~

日用食器の一大産地、茨城県・笠間焼と栃木県・益子焼。自然の恵みの中で自由な気風が育まれた笠間、民藝運動の一拠点で現在は多様な器が作られる益子、産地窯元の個性を生かしたうつわに息づく用の美をお楽しみください。

■笠間焼

江戸時代を起源とする関東最古の陶芸産地である茨城県・笠間。脈々と受け継ぐ伝統の技と、個性を重んじる自由闊達な気風が作り手の感性と表現を磨き、産地に多様性が開花しました。全国から集まった個性あふれる作陶家が制作する食器は現代の暮らしに彩を添えています。

<出展窯元・作家> Ivory Castle、浅野 健治、東 香織、阿部 慎太朗、飯沼 耕市、沖 誠、Keicondo、駒澤 博司、佐藤 剛、山王窯、Shima craft、砂山 ちひろ、竹原陶房(藤田 光広)、陶工房「雲」クラウド、中野 明彦、根本 峻吾、原陶工房(原 純夫・京子)、柊・土工房、古川 鉄彌・雅子、森川 泰治

■益子焼

益子焼は、益子の陶土と釉薬を用い、流し掛けなどの技法による伝統的な作品と新たな作風による多様な作品が共存しています。また、大正時代に民藝運動の中心となった濱田庄司が大正13年に益子に移住、濱田と民藝運動を伴に活動した英国のバーナード・リーチも益子の地で陶芸活動を行いました。

<出展窯元・作家> 伊藤 剛俊、岩下 宗晶、えのきだ窯、笠原 良子、加守田 太郎、清窯、健一窯、佐久間藤太郎窯、鈴木 量、千田 義昭、陶房日向、陶房縁(ゆかり)、中村 かりん、西村 俊彦、萩原窯、福島窯、マシュー・ソヴヤニ、宮田 竜司、村澤陶苑

“彩・色・美”の食卓

各国の陶磁器・ガラス&クリスタルブランドの器をそれぞれのテーマカラーをもとにコーディネート。彩・色・美ある豊かな食卓をご提案します。

■陶磁器ブランドエリア

<展示ブランド> ヴェルサーチ/ローゼンタール、ジアン、ベルナルド、ヘレンド、マテュース、ロール セリニャック

■ガラス&クリスタルエリア

<展示ブランド> アイブイブイ、ヴェネツィアガラス、モーゼル、ロブマイヤー、北一硝子、HARIO、華硝、琉球ガラス村

グラステイスティングコーナー

ブランドや手法によって飲み心地が違うことを知っていただくために、展示紹介されているグラスの中からお好みのグラスで白ワイン・シャンパン・スパークリングワイン・ソフトドリンクをお召し上がりいただけます。(有料)