TOKYO DOME CITY TOKYO DOME CITY

東京ドームシティ メインメニュー

閉じる

閉じる

展示内容 event Contents

彩りの暮らし

(50音順・敬称略)

テーブルセッティングによる食空間提案

各界の著名人が、日々の暮らしを彩る「おもてなしの食空間」を個性豊かなテーブルセッティングと共にご紹介します。

  • 石坂 浩二〔俳優〕

    石坂 浩二
    〔俳優〕

  • 小倉 優子〔タレント〕

    小倉 優子
    〔タレント〕

  • 川井 郁子〔ヴァイオリニスト・作曲家〕

    川井 郁子
    〔ヴァイオリニスト・
    作曲家〕

  • 川崎 景太〔フラワーアーティスト〕

    川崎 景太
    〔フラワーアーティスト〕

  • 黒柳 徹子〔女優・ユニセフ親善大使〕

    黒柳 徹子
    〔女優・ユニセフ親善大使〕

  • 田川 啓二〔ビーズ刺繍デザイナー・文化学園大学特任教授〕

    田川 啓二
    〔ビーズ刺繍デザイナー・
    文化学園大学特任教授〕

  • TETSUYA(L’Arc~en~Ciel)〔ミュージシャン〕

    TETSUYA
    (L’Arc~en~Ciel)
    〔ミュージシャン〕

  • 東儀 秀樹〔雅楽師〕

    東儀 秀樹
    〔雅楽師〕

  • My Style セレクション

    My Style セレクション
    ~創り手からの提案~
     
     

    新しいデザイン性・機能性を備えた商品を多くのクリエーターが提案します。お気に入りの商品は予約販売でお買い求めいただけます。

    詳しく見る
  • 至高の技・チャイナペインティング」~大倉陶園チャイナペインティングスクール~

    「至高の技・チャイナペインティング」
    ~大倉陶園チャイナペインティングスクール~

    絵付けをされた食器は西洋で発展し、王侯貴族に好まれてきました。また、自ら美しい花々を描くことも貴族夫人の楽しみでした。このコーナーでは“白い器に自らデザインし、描き、おもてなしのテーブルを作ることは最高のおもてなし”をコンセプトに展示します。今回のテーマは、「都会のおもてなし」。世界の都市に思いを馳せながら絵付けをした器をご覧ください。

    詳しく見る

洋の器への誘い

有名ブランドが提案する洗練された食空間。それぞれの一流ブランドが新商品・新シリーズにより食空間を展開していきます。

  • 「彩りのある日々を描く~上質なエッセンス~」~ノリタケ~

    「彩りのある日々を描く~上質なエッセンス~」
    ~ノリタケ~

    白く、美しく、精緻な洋食器をこの日本でつくりたい-。1904年、創業者たちの熱い想いと共にノリタケは誕生しました。日々の生活に寄り添う食器たち。美しいものと暮らす心地よさ。あなたの大切な時間を彩る上質なエッセンスを、様々なシーンでご紹介します。

    詳しく見る
  • 「至福のおもてなし~創業100周年~」~大倉陶園~

    「至福のおもてなし~創業100周年~」
    ~大倉陶園~

    大倉陶園は2019年に創業100周年を迎えます。「良きが上にも良きものを」という理念のもと、美術的価値の高い磁器を作り続けてきました。色の白さ・磁器質の硬さ・肌の滑らかさを追求し続け、日本国迎賓館や一流ホテルなどで使用されており、日本の文化と伝統に裏付けられた最高級の洋食器として高い評価を得ています。

    詳しく見る
  • 「レイノーとスパイスで彩る豊かな食卓」~ハウス食品グループ~

    「レイノーとスパイスで彩る豊かな食卓」
    ~ハウス食品グループ~

    展示テーマは、「RAYNAUD ~花と芸術に魅せられて~」。レイノーの新作“TRESOR Fleuri トレゾーフルール”、“JEAN COCTEAU ジャン・コクトー”を使って、独創性のある洗練されたテーブルセッティングやエルキューイの新作などをご紹介します。

    詳しく見る

日本の器を訪ねて

漆、陶器、磁器など、日本の伝統の美と技を一堂に集め、現代生活にも合う上質で趣のある和の食空間をご提案します。

  • 「こだわりと漆モダン」~会津~

    「こだわりと漆モダン」
    ~会津~
     

    400年以上の歴史を誇る会津塗。その産地より7社が東京ドームに集いました。脈々と受け継がれてきた会津塗の伝統にこだわった商品、最新技術を柔軟に採り入れ現代生活にマッチしたアイテム、「伝統」と「モダン」それぞれにこだわったテーブルウェアをご提案します。

    詳しく見る
  • 窯元のおもてなし「どんぶり百撰」~美濃焼・土岐市~

    窯元のおもてなし「どんぶり百撰」
    ~美濃焼・土岐市~

    どんぶり百撰では、それぞれの窯元が考えたおもてなしで皆さまをお迎えします。ここでしか出会えない器を数多く揃え、訪れたお客様一人ひとりが満足していただけるような場所になっています。また、今回は新たなどんぶりとして、日々の暮らしに寄り添い、これからを紡いでいって欲しいとの思いを込めて製作した「紬bowl」をご提案します。

    詳しく見る
  • 卓越の技「瀬戸織部」~瀬戸焼~

    卓越の技「瀬戸織部」
    ~瀬戸焼~
     

    眺めるほどに美しく、料理を盛ればひと際存在感を放つ「瀬戸織部」。日本で最初に釉薬を施した瀬戸だからこそ可能な“美しい色合いの器”をご提案します。卓越した技から生み出される瀬戸焼は美しさと使いやすさを兼ね備えており、毎日の食卓に品格と彩りを添えてくれます。今回は新たな取り組みとして良質な「マグ」の特集を実施し、今まで以上に多彩な瀬戸焼の釉薬・技法を感じていただけます。あなた好みの瀬戸焼を見つけてみませんか。

    詳しく見る
  • 「わたしの逸品 まいにちの逸品」~多治見~

    「わたしの逸品 まいにちの逸品」
    ~多治見~

    美濃焼のまち・岐阜県多治見市。ここで作られる陶磁器は、わたしたちの毎日の暮らしに寄り添っています。今年も毎日の食卓を彩る器をはじめ、おもてなしの器、窯元が作る「志野」「織部」「赤絵」「染付」などの伝統的な技法を用いた器、新進気鋭の若手作家が作り出す器など、豊富に取り揃えております。あなただけのお気に入りの逸品を探してみませんか。

    詳しく見る
  • 「一期一会の茶の間づくり」~とこなめ焼~

    「一期一会の茶の間づくり」
    ~とこなめ焼~
     

    常滑(とこなめ)の急須は伝統に基づくフォルムが美しく、蓋がぴったりと閉まることによりお茶をしっかり蒸らし、バランスの良い旨みを引き出します。お茶を楽しむための急須は人それぞれ。“一期一会”の時を自分好みの急須でお楽しみください。

    詳しく見る
  • 「選ぶ楽しさ・使う喜び…」~有田焼~

    「選ぶ楽しさ・使う喜び…」
    ~有田焼~
     

    400年の歴史と伝統に育まれてきた多彩な有田焼の技と美の共演。そのうつわたちはあなたの暮らしの中に溶け込み、選ぶ楽しさや使う喜びとなっていろいろなシーンの食卓をより豊かに演出します。有田焼のコーナーでは、旬のうつわを取りそろえて皆さまをお迎えします。あなたにとって素敵な逸品を見つけてください。

    詳しく見る
  • 「長崎のやきもの 暮らしのアトリエ」~波佐見焼~

    「長崎のやきもの 暮らしのアトリエ」
    ~波佐見焼~

    全国に広く流通し、皆さまの暮らしに溶け込み、毎日の食卓を彩る「波佐見焼」。長崎県の中央に位置し、豊かな緑に囲まれた波佐見町で約400年続く歴史とその技を引き継ぎ作られています。波佐見焼は、暮らしの中に生きるやきものとして時代のトレンドやお客様の多様なニーズを敏感に感じ取り、いち早く新しいものづくりに挑戦することで作り出される、おしゃれで使いやすい陶磁器です。

    詳しく見る