TOKYO DOME CITY TOKYO DOME CITY

東京ドームシティ メインメニュー

閉じる

閉じる

東京ドームシティ公式SNS

トピックス

イベント

【9月6日】JAXAの新探査計画・火星衛星探査計画(MMX)を世界的科学者と語る会 開催

2017年09月04日(月)

『JAXAの新探査計画・火星衛星探査計画(MMX)を世界的科学者と語る会』2017年9月6日(水)開催決定!

ISAS/JAXAでは火星を周回する衛星(火星の月:フォボス(Phobos),デイモス(Deimos)を探査するミッション、火星衛星探査計画(MMX:Martian Moons eXploration)の検討を進めています。

この一環として9月6日(水)に東京大学・本郷キャンパスにおいて、「火星衛星表面環境に関する国際レビュー会」が開催され、世界的科学者たちが集結します。ここでは人類未知の世界である火星衛星表面環境の物性等について、世界各国の専門家により探査機等の設計に必要となる諸条件等が議論されます。

世界各国の専門家が一堂に集まるこの機会を活かし、「なぜ火星の月を目指すのか?」をテーマに火星衛星探査計画(MMX)をご紹介するイベントをTeNQにて開催することが決定しました!講演内容は、小天体探査の目的、火星衛星探査計画(MMX)の概要、火星衛星の表面で実施する探査内容の紹介等を予定しており、世界超一級の専門家たちが登壇します。

その専門家の一人、宮本英昭氏(東京大学教授・TeNQリサーチセンター長)がその場で逐次通訳を行い、みなさまのご質問・疑問にもお答えします!

概要

名称

JAXAの新探査計画・火星衛星探査計画(MMX)を世界的科学者と語る会

講演内容

テーマ「なぜ火星の月を目指すのか?」

  • 講演内容・時間は予告なく変更となる場合がありますので、予めご了承下さい。
開催日時

2017年9月6日(水) 17:00~

開催場所

宇宙ミュージアムTeNQ サイエンスエリア

  • 入館後映像コンテンツを鑑賞いただくため、上映時間に合わせて15分ごとにご入館となり、またイベント会場到着までに約30分かかります。参加ご希望の方は時間に余裕を持ってご入館ください。
参加費

TeNQの入館料に含む

登壇者

ポール・アベル博士 (NASA)
ダン・ブリット教授(中央フロリダ大学)
パトリック・ミッシェル博士(フランス国立科学研究センター)
マティアス・グロット博士(ドイツ航空宇宙センター)
エリック・アスフォーク教授(アリゾナ州立大学)
等、世界超一級の研究者が集結する予定です。

「なぜ火星の月を目指すのか?」世界的科学者たちが考える最先端の新小天体探査計画を生で感じませんか?みなさまのご来場を心よりお待ちしております!

  • ミッションラリーQ販売、火星研究プロジェクトについて
    9月6日(水)は、サイエンスエリアでイベントを行うため、ミッションラリーQの販売15:00~休止、火星研究プロジェクト16:00~休止とさせていただきます。お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご協力いただきますようお願い致します。

宇宙ミュージアムTeNQ トップ

宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー) 公式SNS

TeNQ宇宙ストア 公式SNS