後楽園ホールアーカイブス

後楽園ホールの格闘史(~2009年)

1970年~1979年

ボクシング プロレス
1970年 1月25日 海老原博幸が引退。27日、ファイティング原田が引退し、日本中を沸かせた三羽烏時代は終わった。
2月25日 日本ミドル級タイトル決定戦で、カシアス内藤が赤坂義昭を8回KOに降して新チャンピオンに。カシアス内藤はのちに、沢木耕太郎著の復活ドキュメント『一瞬の夏』に登場し、ファン層を広げた。
8月23日 後楽園ホールで初の世界戦が行われる。WBA世界J.ライト級チャンピオン、小林弘が、アントニオ・アマヤを相手に5度目の防衛戦を行い、きわどく判定勝ちを収めた。その後、後楽園ホールで行われた世界タイトルマッチは31にも上る。
1971年 5月28日 日本J.ミドル級チャンピオン、輪島公一(後に功一)の力強い連打が、挑戦者星野哲雄を2回KOで切って落とす。その後、世界チャンピオンになって、蛙跳びなどの変幻自在なボクシングと、リング内外での知略で2度王座に返り咲いた。
1972年 3月16日 モハメド・アリの公開練習が行われ、1200人のファンが集まった。
1972年3月
猪木が新日本プロレスを、10月には馬場が全日本プロレスを旗揚げ。翌年日本プロレスは崩壊する。ジャンボ鶴田が全日本プロレスに入門する。
10月30日 日本チャンピオン・カーニバルが初めて行われ、一晩にJ.ライト、J.ウェルター、ウェルターの3階級の日本タイトルマッチが開催された。
1973年 2月15日 ミュンヘン五輪フェザー級代表のロイヤル小林がデビュー。アマチュア時代から『KO仕掛人』を名乗ったが、バロン熊沢を相手に小林のパンチは爆発せず、やっと判定勝ちにこぎつけた。2戦目からは本領を発揮し、連続KOは11試合続いた。のちに世界チャンピオンとなる。
1973年
全日本にはアブドーラ・ザ・ブッチャーが定期的に参戦し、人気を呼ぶ。
1973年
新日本プロレスに長州力が入門、74年にデビュー。のちに人気選手となる。
1974年 5月28日 のちに世界チャンピオンとして注目される具志堅用高のデビュー戦が行われた。2年後、具志堅は世界J.フライ級王座を獲得。その後、日本人王者として最多記録の13回連続防衛を成功させ、一時代を築いた。
1974年
ストロング小林、大木金太郎が台頭。アントニオ猪木戦で話題を呼ぶ。
6月9日 『ロープ際の魔術師』と言われ、一瞬の逆転KOを演出するジョー・メデルは日本でもっとも愛された外国人ボクサー。そのメデルが36歳の時、ロイヤル小林と対戦し、6回終了棄権TKOで敗退。リング上から引退声明。ロイヤル小林は2年後世界チャンピオンになる。
  • 1952年~1969年
  • 1970年~1979年
  • 1980年~1989年
  • 1990年~1999年
  • 2000年~2009年
  • 写真提供:東京ドーム/ボクシング・マガジン
  • ※本サイトに掲載の記事・写真の無断転載は固く禁じます。