TOKYO DOME CITY TOKYO DOME CITY

東京ドームシティ メインメニュー

閉じる

閉じる

イベント

イベント

東京ドームシティ アートプロジェクト

2022年7月~

Gallery AaMo と 都営三田線水道橋駅A3出口 をつなぐ通路

「東京ドームシティ アートプロジェクト」とは

東京ドームシティとアートの可能性の探求をテーマに、2022年5月から5年間を活動期間とし、東京ドーム、東京藝術大学、東京藝術大学芸術創造機構の3者が連携し、東京ドームシティという場所が持つ固有の魅力の調査研究、様々なお客様が様々な形でアートの楽しさや素晴らしさに触れられる機会の創出、若手アーティストの活動、活躍の場の創出を行います。

東京ドームシティ アートプロジェクトの3つの柱

1 東京藝術大学による東京ドームシティの調査研究

2 本物のアートに身近に触れられる機会の創出

3 新鋭アーティストの育成と発表機会の創出

東京ドームシティでアートプロジェクトを行う背景

東京ドームシティがある文京区は、多くの文豪・文化人が住み・学び・愛した場所であり、今でも多くの由緒ある神社・仏閣が残る、歴史の匂いと日本の伝統文化が感じられる地域です。この場所で、1936年の創業以来、多くのレジャー・エンタテインメントを創出してきた東京ドームシティは、今では年間約4,000万人(2019 年度)が来場する街となっています。

このような、歴史と文化およびたくさんのお客様が交差する東京ドームシティが、「東京ビエンナーレ2020/2021」に参画したことにより、あらためてアートとの親和性の高い場所であると実感し、東京藝術大学と東京藝術大学芸術創造機構との共働により、アート文化の発展やアートを通じた社会課題の解決および社会的豊かさの創出を目指すに至りました。

東京藝術大学と一般社団法人東京藝術大学芸術創造機構の想い

<東京藝術大学 美術学部 教授 中村政人>

都市構造の空間資源には、その文化価値が潜在的に高くありながら評価が低くあまり活用されていない場合が多くあります。

芸術の役割には新たな価値の「気づき」を誘発する創造プロセスが重要です。つまり、普通の空間がいかに魅力的に発芽していくか?近未来のビジョンを描き、具体的に計画し実現に導く原動力となっていくのです。東京ドームシティでは何気ない通路が、スケールある写真作品を展示発表するギャラリー空間として見事に再生されました。本プロジェクトでは、今後5年かけて、東京藝術大学の若手アーティストの発表支援から地域住民とのアートワークショップなど多様なアートプロジェクトを共創し東京ドームシティ内の空間資源を文化芸術資源としてイノベーションしていきます。

アートが介入することで、社会と企業活動が共に成長し、共に価値を生み出す、創造的な社会のモデルケースとなれば幸いです。

現在の展示内容はこちら

高橋臨太郎「Radius harps」「After a typhoon」

「Radius harps」は、人の背丈ほどの弓なりの木に水糸を一本張った「風により音を奏でるハープ」を、伸ばした腕のようにいくつも繋げていき、東京ドームシティ内の風の通り道で展開させ演奏した実践の記録写真とそこで録音された音からなる作品です。

また、「After a typhoon」は、東京ドームを中心として吹き荒れる風、出入り口の突風や、屋上のビル風に向かってパラシュートを引っ張るパフォーマンスの記録写真です。

どちらも、目に見えない流動の中を私の等身大のスケールが干渉していき、「振動」と「抵抗」として今までになかった渦を巻き起こしていきます。

  • 「Radius harps」の音の展示は後日を予定しております。

「Radius harps」より

「After a typhoon」より

展示場所

Gallery AaMo と 都営三田線水道橋駅A3出口 をつなぐ通路

アーティスト紹介

【高橋臨太郎さん】

1991年東京都生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。自身の身体によって環境に働きかけるパフォーマンスや、立体、映像、インスタレーションなどをメディアに、物質や身体に限界までエネルギーを加え「変化する意識」について思考する。主な個展に、「スケールヒア」(BLOCK HOUSE、東京、2019)、これまで参加したグループ展に、「大京都芸術祭 in 京丹後 2020」、「清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2020」(岐阜県美術館)など。

開催概要

期間 2022年7月~
場所 Gallery AaMo と 都営三田線水道橋駅A3出口 をつなぐ通路(アクセス