TOKYO DOME CITY TOKYO DOME CITY

東京ドームシティ メインメニュー

企画展・イベント

企画展

サンダーバード ARE GO×TeNQ―未来の宇宙へ F.A.B!

2016年03月03日(木)~2016年6月28日(火)

本イベントは終了しました。
沢山のご来場誠にありがとうございました。

イベント内容

不朽の名作『サンダーバード』が50年の時を経て新たに『サンダーバード ARE GO』として生まれ変わりました。舞台は2060年、人類が本格的に宇宙へと進出する姿が描かれています。現実でも宇宙開発はめざましいスピードで発展をとげ、私たちと宇宙の距離は縮まりつつあります。本企画展では『サンダーバード ARE GO』の魅力に触れながら、空想とテクノロジーが手を取り合い、未来へと向かう宇宙開発の最前線をご紹介します。

■協力: JAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)、有人宇宙システム株式会社、
株式会社アストロスケール、宇宙エレベーター協会
■制作協力: 株式会社東北新社

1 有識者のメッセージから宇宙開発の未来を想い描こう

作品で描かれる未来のテクノロジーとの比較を交え、空想の世界からインスピレーションを得て現在・未来へと繋がる宇宙開発や科学技術の姿を紹介します。

①有人宇宙開発

ロケット開発、宇宙ステーションや宇宙飛行士の生活について。
JAXAイプシロンロケットプロジェクトマネージャ 森田泰弘氏
有人宇宙技術部門 主任開発員 堂山浩太郎氏

②宇宙エレベーター

宇宙エレベーターの基礎理論や、実現化がもたらす変化など。
宇宙エレベーター協会 会長 大野修一氏

③スペースデブリ

デブリの状況、回収方法や対応策など。
株式会社アストロスケール 代表取締役 岡田光信氏

③小惑星サルベージ

小惑星の資源開発の未来や意義とは。
東京大学准教授・TeNQリサーチセンター長 宮本英昭氏

2 今までにない迫力のスケールでサンダーバードメカを体感

サンダーバードの3号と5号をスクリーンに投影し、一緒に記念撮影ができます。
史上初の1/1の迫力スケールを体感できます。

サンダーバード3号

地上だけではなく、宇宙空間での救助作業の主役となる大型ロケット。

サンダーバード5号

インターナショナル・レスキューの「目」となって、地上のあらゆる災害や事件を24時間体制で監視する宇宙ステーション。

3 トレーシーアイランドのジオラマとともに撮影の裏側にせまる

ミニュチュアセットとCGアニメーションが融合し、新たに生まれ変わった本作品の裏側を紹介するほか、秘密基地「トレーシーアイランド」のジオラマを展示します。

4 TeNQだけで聞けるジョンとアランの録り下ろしボイスが展示をご案内

アラン・トレーシー(CV. 村瀬歩)

5人兄弟の末っ子。
兄弟の仲で最もパイロットとしての才能に恵まれていて、宇宙ロケット、サンダーバード3号を操縦する。

ジョン・トレーシー(CV. KENN)

宇宙ステーション、サンダーバード5号で情報を整理・伝達するという重要な役割を果たしている。

5 眺めルームにて『サンダーバード ARE GO』本編上映会

TeNQ館内の「眺めルーム」にて、『サンダーバード ARE GO』の1話、2話の上映を行います。

「サンダーバード ARE GO」グッズ

TeNQ「宇宙ストア」にて、『サンダーバード ARE GO』のグッズを販売しています。

  • 価格は全て税抜表示です。

各トミカ 700円

大人気のトミカはトレーシー兄弟の乗るメカとケーヨのサンダーバードS号、ペネロープのFAB-1号を取り扱っています。

手帳型スマホケース(赤) 3,223円
パスケース(青) 2,760円

スマホケース、パスケースはメカをモチーフに、サンダーバード好きの大人にぴったりなシンプルなデザイン。新生活にもおすすめのアイテムです。

開催概要

期間 2016年03月03日(木)~2016年6月28日(火)

宇宙ミュージアムTeNQ トップ

宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー) 公式SNS