TOKYO DOME CITY TOKYO DOME CITY

東京ドームシティ メインメニュー

閉じる

閉じる

トピックス

企画展

【4月19日(木)~】第13回企画展『謎の暗闇宇宙展』開催決定!

2018年03月06日(火)

TeNQ第13回企画展として、2018年4月19日(木)~7月1日(日)まで、体験型イベントのリアル宝探しを展開する「タカラッシュ」とコラボレーションしたTeNQ初の謎解き展示『謎の暗闇宇宙展』の開催が決定しました! 本企画展は、置き手紙を残していなくなったプロキシマ星人の友達"ピポパパ"を探しに宇宙にあるギャラクシーシティを探検するストーリーで、参加者は探索用のライトを持って暗がりの宇宙空間に仕掛けられた様々な謎を解いていく体験型の謎解き展示をお楽しみいただけます。

開催概要

企画名称 第13回企画展『謎の暗闇宇宙展』
期間 2018年4月19日(木)~7月1日(日)
場所 TeNQ内 企画展示室
料金 TeNQ入館料に含む
制作協力 株式会社タカラッシュ

ストーリー

プロキシマ星人の友達を探しに宇宙にあるギャラクシーシティを探検。
僕はプロキシマ星人の“ピポー”。実は、友達の“ピポパパ”が置き手紙を残して急にいなくなってしまったんだ。置き手紙を見ると、どうやら「宇宙に咲く華」を探しにギャラクシーシティに行ってしまったみたいなんだ。
僕と一緒に、ギャラクシーシティを旅して一緒に“ピポパパ”を探してくれないか?

プロキシマ星人の“ピポー”

いなくなった“ピポパパ”

企画展の流れ

参加者は、解答用紙と捜索用のライトを持って探検スタート。
4つのエリアに分かれた暗闇の宇宙空間で、探索用のライトを使って隠れた宇宙人や秘密を見つけながら手がかりを集めます。全ての謎を解き明かし、“ピポー”の友達の“ピポパパ”の居場所を特定、見つけ出せればクリアとなります。

<タカラッシュについて>

日本で唯一の宝探し専門会社として2001年に創立。
タカラッシュは、日常の世界を非日常の世界に変える体験型エンターテインメントとして、幅広い年代が楽しめるプログラム『リアル宝探し』を展開。幅広い年代が楽しめる宝探し・謎解きイベントを通じて、多くの人々が思わず声をあげたくなるワクワク体験を提供しています。
2017年度に開催したタカラッシュイベントの総参加者数は200万人を記録。また、23万人を超える宝探し会員組織も運営しています。
リアル宝探しとは自分の力で「何か」を探し出し、「発見の感動」を体験するイベント。宝の地図の謎を解き、エリア内に隠された宝物を発見する純粋な宝探しから、暗号を解読して犯人を探し出す探偵ゲームのようなものまで、様々なイベントがあります。
http://www.takarush.co.jp/

☆TeNQオリジナルゲーム『ミッションラリーQ』好評実施中

『ミッションラリーQ』は、用紙に沿って展示エリアに隠された問題を解き進めていくことで、展示内容への興味や理解をより深めることができるTeNQで人気のオリジナルゲーム。
『ミッションラリーQ』第3弾では、プロキシマ星人が登場するなど、企画展『謎の暗闇宇宙展』の世界観のもと、ゲームが楽しめます。

宇宙ミュージアムTeNQ トップ

宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー) 公式SNS