TOKYO DOME CITY TOKYO DOME CITY

東京ドームシティ メインメニュー

閉じる

閉じる

展覧会・イベント

展覧会

バッドアート美術館展

2018年11月22日(木)~2019年1月14日(月・祝)
※開催期間中無休

Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)

ゴミか?芸術か?

全米があきれた!?今、世界のメディアで話題の、あのボストンの美術館MOBA(Museum Of Bad Art)の迷作がついに日本にやってきます!作品はゴミ箱やリサイクルショップなどから集められたちょっと残念なアートたち。有名な美術館に収蔵されることはありませんが称賛せずにいられない作品ばかりです。なんてったって日本初公開!そして最初で最後かもしれない(!)バッドアート美術館展をどうぞお見逃しなく!!

チケット情報

■料金

【当日券】大人(高校生以上)1,300円
【前売券】大人(高校生以上)1,100円
【当日・前売一律】小人(小・中学生)200円

  • 未就学児無料(単独入場はご遠慮ください)


【障がい者対応について】
障がい者手帳お持ちの方1名に対し、「介助者1名に限り、無料」対応となります。ご本人は、ご来場当事者との認識から「有料(入場券の購入が必要)」となります。

■チケット発売:2018年9月26日(水)10:00~

ローソンチケット・チケットぴあ・セブンチケット・イープラスにて販売中

  • イベント初日11月22日(木)より当日料金

展示内容


「バッドアート美術館」は、他では展示されず、真価を認められることがないものの、称賛せずにいられない作品を収集・保存・展示し、それを生み出した芸術家を讃えることを使命としたアメリカのボストンにある美術館です。収蔵されている「バッドアート」と呼ばれる作品たちは制作途中で何かを間違えてしまったのか、見る人が「あれ…?何かおかしい…」という印象を抱きつつも、どういうわけか心動かされる作品になっている、というものばかりです。本展ではバッドアート美術館に収蔵される800点を超える作品の中から100点を日本初公開します。
また、スペシャルサポーターに現代美術のフィールドでも活躍する漫画家のしりあがり寿さんをお迎えし、しりあがり寿さんならではの視点で、バッドアートコレクションを独自のユーモアを交えて紹介していただきます。

COULDABEEN MARILYN TODAY.jpg

Couldabeen Marilyn Today

charlie-&-sheba.jpg

Charlie and Sheba

DRILLING-FOR-EGGS.jpg

Drilling for Eggs



■バッドアート美術館について

バッドアート美術館は1994年にボストンの画商スコット・ウィルソンがゴミの中から最初のバッドアートを拾ったことから始まりました。彼は絵を処分して額縁を売る予定でしたが、友人のジェリーがその絵画を気に入って家に飾ったので、それからというもの仲間内でリサイクルショップやフリーマーケット、はたまたゴミの中からバッドアート を見つけてはジェリーに渡し始めました。いつしかそのコレクションを映画館の地下スペースを利用して小さな美術館として公開し、それがネット上で話題となり、国際的に注目されるようになりました。現在では多くの「バッドアートではないかと思われる作品」が美術館に寄せられるものの、バッドアートの基準が厳しいため、実際に収蔵される作品は極一部です。バッドアート美術館の選考基準は、第1に「芸術の名のもとに真剣に創作した本物のアートであること」、第2に「コンセプトあるいは完成の時点で何かが間違ってしまっていること」、第3に「議論や疑問が起こるものの、結果として興味深く称賛せずにいられない作品であること。 」です。

Moba-Logo.jpg
MOBA館内_w350px.jpg

©2018 Museum Of Bad Art, Inc.

しりあがり寿さんメッセージ

芸術は深い。そのあまりの深さにヘタクソと傑作の違いが分からなくなることがあります。でもそんな困惑こそが芸術の楽しみかもしれません。「これってヘタクソじゃない?…」「いや、オレはなんかグッとくるけどな…」あなたも是非迷作の中に自分だけの傑作を見つけてください。

プロフィール

shiriagari_profile.jpg

しりあがり寿

1958年静岡市生まれ。
1981年多摩美術大学グラフィックデザイン専攻卒業後キリンビール株式会社に入社し、パッケージデザイン、広告宣伝等を担当。1985年単行本『エレキな春』で漫画家としてデビュー。パロディーを中心にした新しいタイプのギャグマンガ家として注目を浴びる。1994年独立後は、幻想的あるいは文学的な作品など次々に発表、新聞の風刺4コママンガから長編ストーリーマンガ、アンダーグラウンドマンガなど様々なジャンルで独自な活動を続ける一方、近年では映像、アートなどマンガ以外の多方面に創作の幅を広げている。

開催概要

期間

2018年11月22日(木)~2019年1月14日(月・祝)※開催期間中無休

時間

10:00~18:00 ※17:30最終入館

料金

【当日】大人(高校生以上)1,300円

【前売】大人(高校生以上)1,100円

【当日・前売一律】小人(小・中学生)200円

※未就学児無料(単独入場はご遠慮ください)

場所 Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)(アクセス
備考

■主 催
株式会社東京ドーム

■企画協力
Museum Of Bad Art

■スペシャルサポーター
しりあがり寿

■広告デザイン
あきやまみみこ

■企画コーディネーション
神田圭美

■制作協力
Synchronicity、キュリオシティジャパン

■後 援
読売新聞社

Gallery AaMo トップ

Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) 公式SNS