TOKYO DOME CITY TOKYO DOME CITY

東京ドームシティ メインメニュー

閉じる

閉じる

展覧会・イベント

展覧会

櫛野展正のアウトサイド・ジャパン展

2019年4月12日(金)~5月19日(日)
※開催期間中無休

Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)

日本唯一のアウトサイダー・キュレーター 櫛野展正さんによる「アウトサイド・ジャパン 日本のアウトサイダー・アート」の刊行を記念した初の大規模展覧会『櫛野展正のアウトサイド・ジャパン展』を、2019年4月12日(金)~5月19日(日)の期間開催します。

「アウトサイダー・アート」とは、一般的には美術の教育を受けていない人々の創作のことを指し、2010年にパリで開催され12万人を動員した「アール・ブリュット ジャポネ展」を契機にアート・ワールドで注目を集めているジャンルです。また昨今では、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けた障がい者の自立のためのアート活動の推進も国を挙げた課題として取り組まれています。

本展では、櫛野展正さんによる、障がいの有無にかかわらず、表現せずには生きられない、表現者と呼ぶにふさわしい隠れた芸術家たちの作品が一堂に会します。「アウトサイド・ジャパン 日本のアウトサイダー・アート」に登場する注目のアーティストによる作品を中心に、「ヤンキー文化」や「シルバーアート(老人アート)」などの芸術作品「アウトサイダー・アート」の驚きの作品の数々が並ぶ、見応え十分な展覧会です。

チケット情報

■料金

【当日券】 大人(高校生以上)1,300円
【前売券】 大人(高校生以上)1,100円
【当日・前売一律】小人(小・中学生)200円

  • 未就学児無料(単独入場はご遠慮ください)

【障がい者対応について】
障がい者とその介護者1名は500円割引。(入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。※小人は割引対象外)

■チケット発売

ローソンチケット・セブンチケット・チケットぴあ・イープラス・Gallery AaMoチケットカウンター(会期中のみ)にて販売

  • プレイガイドでの販売は2月1日(金)10:00~5月18日(土)23:59まで(予定)

展示内容

概要説明

「極限芸術」「ヤンキー人類学」「遅咲きレボリューション」など、話題の展覧会を企画し続けている櫛野展正さんによる初の大型展覧会です。総勢135 名のアウトサイダー・アーティスト大辞典『アウトサイド・ジャパン 日本のアウトサイダー・アート』の刊行を記念して開催される本展は、はくのがわさん、富松義孝さんなど誌面に登場した注目のアーティストたちのほか、初出品となる岩崎風水さんや泥沼毒生さんの作品などが一堂に会します。また、会期中には、アーティストご本人によるライブペインティングなどのイベントも予定しています。

作品例

辻修平「あさくら画廊」

富松義孝

はくのがわ

img_aamo_kushino_40.jpg

稲村米治「昆虫新田義貞」

img_aamo_kushino_20.jpg

ストレンジナイト

img_aamo_kushino_21.jpg

岩崎風水「春夏秋冬」

img_aamo_kushino_22.jpg

小林一緒

img_aamo_kushino_23.jpg

長恵

©クシノテラス

■アウトサイダー・アートについて

既存の美術や文化的継承の系譜とは無縁の文脈によって制作された我流の芸術作品のことを指します。

■櫛野 展正さんについて

日本唯一のアウトサイダー・キュレーター。1976年生まれ。広島県在住。
2000年より知的障害者福祉施設職員として働きながら、広島県福山市鞆の浦にある「鞆の津ミュージアム」 でキュレーターを担当。2016年4月よりアウトサイダー・アート専門ギャラリー「クシノテラス」オープンのため独立。表現せずには生きられない人たちに焦点を当て、全国各地で取材を続けながら執筆や展覧会の企画、ツアーなどを多彩な活動を行っている。
著書に『アウトサイドで生きている』(タバブックス)、『アウトサイド・ジャパン 日本のアウトサイダー・アート』(イースト・プレス)。

櫛野 展正

<櫛野 展正さんからのメッセージ>

展覧会で紹介するのは、人生をかけるほど熱狂するものを見つけた人たちです。
その突飛でユニークな表現は、「アウトサイダー・アート」と分類されていますが、
ここで紹介する人たちの表現こそが、僕は「美術」の王道であると信じています。

応援メッセージ

片桐 仁

<片桐 仁さんからの応援メッセージ>

櫛野さんの本を読んだ時、本当に皆さんの作品がスゴくて嫉妬しまくりでした。
そして、是非実物を見たいと思っていたので、
このチャンスを逃さないようにしたいと思います!

img_aamo_kushino_13.jpeg

<茂木 健一郎さん(脳科学者)からの応援メッセージ>

所詮「アウトサイド」だと油断してはいけない。
本当はそれは自分の心の「インサイド」にもあるのだから。
「外」を「内」に引き寄せる奇跡を実現する。
櫛野展正さんのキュレーションの情熱と勇気。
アートの精神に触れて、震撼せよ!

img_aamo_kushino_12s.jpg

©Mitsuru Goto

<日比野 克彦さん(アーティスト)からの応援メッセージ>

櫛野流

櫛野さんはいつも「じっ」と視詰めている。
多くの人が集団社会の中で行動するうちに知らず知らずの内に持たされてしまいがちな「先入観」という情報や「既成概念」という思考や「世間的常識」という規制を「じっ」と見詰めている。
見詰め続けていると観えてくるものがあると行動に起こす。
その見詰め方、観えてき方が櫛野流なのです。
今は何を見詰めているのか、何が観えてきたのか・・・
いつも気になる櫛野流です。

img_aamo_kushino_14.jpg

撮影:松蔭 浩之
Courtesy Mizuma Art Gallery

会田 誠さん(美術家)からの応援メッセージ>

櫛野さんは福祉からキャリアをスタートさせて、福祉につきものの善意から自由になることで、驚くほど広範囲な射程を持つキュレーターになりました。
それは面白いものを面白がる、フツーのおにいちゃんの感覚なんだと思います。
それが“芸術本隊”の迷走とシンクロすることで、現在の表現を巡る混沌とした渦の中心に、櫛野さんがいる状況を生んだものと思われます。

根本 敬

<根本 敬さん(特殊漫画家)からの応援メッセージ>

敢えて言いきる。
人生暇つぶし。
その潰し方の凄い人達の渦。

img_aamo_kushino_11.jpg

<宇川 直宏さん(DOMMUNE)からの応援メッセージ>

畏怖なる辺境の世界から生み出された、畏敬なる偏狂の芸術!!!!!!!
見たもの全ての眼球から涎が78リットル!
見たもの全ての歯茎から出血152リットル!
右脳が卒倒!!!!!!
左脳が痙攣!!!!!!!

img_aamo_kushino_10.jpg

<シャンプーハットこいでさんからの応援メッセージ>

面白そう!
頑張ってください!

img_aamo_kushino_15.jpeg

井上 咲楽さん (タレント)からの応援メッセージ>

わたしたちは、表現したものを好きだ、嫌いだと、サクサクと勝手に評価して、発言します。
けど、アウトサイダーのみなさんは何か人生に絶望することがあったり、行きているのが辛くなって表現せずには居ても立ってもいられなくて表現が生きるすべであり表現がその人自身のようなものに感じました。
だから、それを否定してはいけないし、評価するものではない。
魂をふきこめて表現されたものが生きてるように感じました。

ヴィヴィアン佐藤

<ヴィヴィアン佐藤さん(ドラァグクイーン)からの応援メッセージ>

櫛野くんのキュレーションは、かつてのヨーロッパ王侯貴族が世界中の珍品奇品を競って蒐集していた驚異の部屋(ウンーダーカンマー)の現代版だ。「現代アート」という狭い枠組みや、某美術手帖といった雑誌の範疇には決して収まりきらない。独自の確固たる価値観と物差しに基づいており、ユニバーサルな評価や批評や金銭といった代替物はない。
それは世界そのものを掌握し入手しようとした王侯貴族の精神そのものだ。
世界は広い。そして日本はさらに広い。
いや、たくさん存在している。
日本は私たちが考えているより、ずっと豊かで複雑で居心地の良いものなのだ。

福山のクシノテラスに行けばそれが理解できる。
まだ行ったことはないが。。

齋藤 陽道

<齋藤 陽道さん(写真家)からの応援メッセージ>

なにがまともで、なにがアウトなのか。
幻聴妄想と詩の違いはなんなのか。
天才と馬鹿をわかつものはなんなのか。
わからない。
時代が変われば、その尺度はひょんと変わる。
だれにもわからない。
そんな尺度なんてどうでもいい。
たった今の、この時代を生きているこの自分にとって、よりよい呼吸をさせてくれるたったひとつのものを、と、せきたてられるようにして生まれたいのちたち。
アウトサイダー・アート。
無尽蔵にばらばらないのちたちが、ひとつの場に集う。
ぼんぼんばらばらないのちたちのなかに、それでも通い合う共鳴を見いだしたとき、ぼくのなかにもあるたったひとつのものが、どんなふうに、どんなかたちで、呼び覚まされるんだろうか。
たのしみ、たのしみ。
はあ、ほんとうに、たのしみ。

開催概要

期間

2019年4月12日(金)~5月19日(日)※開催期間中無休

時間

10:00~18:00 金曜のみ10:00~20:00

※最終入館は閉館の30分前

料金

【当日券】 大人(高校生以上)1,300円

【前売券】 大人(高校生以上)1,100円

【当日・前売一律】小人(小・中学生)200円



※未就学児無料(単独入場はご遠慮ください)

【障がい者対応について】

障がい者とその介護者1名は500円割引。(入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。※小人は割引対象外)

場所 Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)(アクセス
備考

■主 催:株式会社東京ドーム

■制作協力:クシノテラス

Gallery AaMo トップ

Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) 公式SNS