TOKYO DOME CITY TOKYO DOME CITY

東京ドームシティ メインメニュー

展覧会・イベント

展覧会

Rhizomatiks Research x ELEVENPLAY Dance Installation at Gallery AaMo【終了】

2017年4月15日(土)~2017年4月16日(日)

Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)

本イベントは終了しました。
沢山のご来場誠にありがとうございました。

「Gallery AaMo」のオープニングを飾るのは、メディアアーティストの真鍋大度と石橋素が率いる「Rhizomatiks Research」と演出振付家のMIKIKOが率いる「ELEVENPLAY」によるコラボレーション・ワーク。

世界的知名度を誇るメディアアーティストと、大胆かつ緻密な演出力でエンターテインメント表現を更新し続ける演出振付家の協業は、2010年のスタートから、その表現力の高さと独創性において他の追随を許さない最強のタッグとして世界を驚かせてきた。

今回披露されるのは2年ぶりとなる新作公演。

いまここに生まれる、世界初演の"ダンス・インスタレーション"をお見逃しなく。

展示内容

「Gallery AaMo」のオープニングを飾るのは、メディアアーティストの真鍋大度と石橋素が率いる「Rhizomatiks Research」と演出振付家のMIKIKOが率いる「ELEVENPLAY」によるコラボレーション・ワーク。

世界的知名度を誇るメディアアーティストと、大胆かつ緻密な演出力でエンターテインメント表現を更新し続ける演出振付家の協業は、2010年のスタートから、その表現力の高さと独創性において他の追随を許さない最強のタッグとして世界を驚かせてきた。今回披露されるのは2年ぶりとなる新作公演。いまここに生まれる、世界初演の“ダンス・インスタレーション”をお見逃しなく。

●新作ダンス・インスタレーションタイトル『phosphere(フォスフィア)』


phosはギリシャ語の光、sphereは球体や空間・領域で、この二つの言葉を合わせた造語「phosphere」は光の作り出す空間、場所、圏をイメージしています。本作品は、多数のプロジェクターの光を特殊なソフトウェアを用いて複雑な空間を構築し、ダンサーやオブジェクトがその中に入っていく、「ダンス・インスタレーション」という新しいジャンルの作品です。

ダンサーと光が緻密に連動することによって、立体的な形とその流れの軌跡をご覧いただけます。

「phosphere」の中を流れる、規則と不規則の連続体。ダンサーと光が作り出す作品をお楽しみください。

多岐にわたるコラボレーションを行うRhizomatiks Research、MIKIKO、藤本隆行、evalaの約2年ぶりの新作公演は、誰もが初めての体験をする世界初演のダンス・インスタレーションとなります。

■演出・振付:MIKIKO

■ビジュアルデザイン・インタラクションデザイン・テクニカルディレクション:Rhizomatiks Research

■照   明:藤本隆行(Kinsei R&D)

■音   楽:evala

■C A S T :ELEVENPLAY
NON/KOHMEN/SAYA SHINOHARA/EMI TAMURA/YU TOKUTAKE
MINAKO MARUYAMA/KAORI YASUKAWA/ERISA WAKISAKA

開催概要

期間

2017年4月15日(土)~2017年4月16日(日)

時間

1st OPEN 12:30 START 13:00
2nd OPEN 16:00 START 16:30
3rd OPEN 19:30 START 20:00

場所 Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)(アクセス
備考

□ 主  催:株式会社東京ドーム

□ 企画制作:スパイラル、株式会社ライゾマティクス

□ 協  力:Elliot Woods(Kimchi & Chips)

Gallery AaMo トップ

Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) 公式SNS