カメラ片手に歩いて楽しめる東京ドームシティ

東京ドームシティは、観光名称として知名度の高い「東京ドーム」を中心に、乗り物が沢山ある「東京ドームシティ アトラクションズ」やショッピングモール「ラクーア」などの賑やかな雰囲気を楽しめる場所と水と緑に囲まれた公園のような場所も隣接しています。歩いて回るだけで充実した時間を過ごせます。
ここでは見て楽しめる東京ドームシティならではの様々な場面をご紹介します。

1. 見るだけで興奮

東京ドームシティ アトラクションズ「サンダードルフィン」

ビルや観覧車の間をすり抜けるローラーコースターは見ているだけでも大迫力!!

おもしろい写真も撮れるかも!

★東京ドームシティのシンボル★

東京ドーム

東京ドームの正面で記念写真を撮ろう!

  • 東京ドームに入場するにはイベント開催時のチケットが必要です。

2. 見るだけで癒される

音楽連動噴水:ウォーターシンフォニー

シャッターチャンス!
音楽と光に合わせて水が噴出す場面は1日6回あります。無心で楽しめる癒しの演出を体験することができます。

INFORMATION

アトラクション一覧:ウォーターシンフォニー

場所:ラクーアガーデン
公演時間 11:00、13:30、16:00、18:30、20:00、21:30(計6回)
(イベントにより変更の場合あり)

ラクーアガーデン

ミーツポートガーデン

都心でありながら緑に囲まれた空間で自然を感じられる広場です。ゆっくり歩きながら景色を楽しむこともできます。

3. 見るだけで文化に触れられる

錦秋稲荷神社

福禄寿

赤い鳥居の先には、「お稲荷様」が祀られています。一方で、石像は七福神のひとつ「福禄寿」です。
どちらもスプラッシュガーデンにあります。福禄寿は東京ドームシティ アトラクションズの乗り物「コロッコ」に乗車するとすぐに見つけられますよ。
ここでお参りして、日本らしさをぜひ感じてみてください。 アトラクションズの乗り物「コロッコ」の近くにひっそりと存在しているので探してみてください。

4.見るだけで感動

夜にはライトアップされ、昼間とは違った幻想的な景色になります。時間があれば歩いてみてください。
夜間でも警備員が定期的に巡回しているので、夜の東京ドームシティも安心してお楽しみください。

INFORMATION

東京ドームシティ ウィンターイルミネーション

開催期間:2017.11.09~2018.02.18
時間:16:00~24:00

きれいな写真をたくさん撮りながら東京ドームシティでお気に入りの場所が見つかるといいですね。

このページは機械翻訳を導入しています。わかりにくい表現があるかもしれませんが、ご了承ください。